組織活性化

大手企業で実践され始めているストレスの軽減方法とは

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社 前原です。

マインドフルネスについて耳にされたことはありますでしょうか。

最近、本などで取り上げられることが増え、注目を集めています。

海外では脳トレーニングとして、「瞑想」を社員教育に導入しているケースもあり、例えばGoogleやYahoo!、Facebookのほかに、アメリカでは政府機関の研修や小学校など教育機関でも導入されています。

マインドフルネスとはどういったものなのかについて触れてみたいと思います。

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、一言で表すと、「今、自分自身の身体や気持ちの状態に気づける、心のあり方」のことです。

語源は、もともと仏教の「念(サティ)」を意味するmindfulnessで、「心にとどめておくこと」「気が付くこと」「注意すること」という意味です。

これは、雑念を持たずリラックスしつつも集中して研ぎ澄まされている様な状態のことで、過度なストレスもなく、もっとも自分の力を発揮できる状態を指します。

日常生活や仕事の現場で疲れが抜けない、集中力が続かない、といたことはありませんか?

脳は体重の2%ほどの重さですが、全身が必要とする全エネルギー20%を消費しています。

そういう方は身体より脳が疲労してしまっているのかもしれません。

マインドフルネスでは、その様な脳疲労へ対処し、無駄な思考からのストレスの軽減に効果があると言われています。

マインドフルネスの効果

身につけると周りの出来事や自身の感情に対して、ありのままに受け止めることができます。

常に穏やかな心を保つことができるため、心身の総合的な健康をコントロールすることも可能になります。

主な効果としては

  • ストレス低減
  • 集中力の向上
  • 免疫機能の向上
  • ダイエット効果
  • 思いやりや共感性の向上

などがあります。

マインドフルネス瞑想

マインドフルネスを体得する際にはさまざまな手法が用いられます。

今回は、最もメジャーな「マインドフルネス瞑想」についてご紹介します。

これは、「リラックスする」「心が落ち着く」などの効果を得ることが目的としたトレーニングで、雑念が湧いても、それに気づき、何度も集中を戻していくプロセスを身に着けます。

リラックスして自分の呼吸に意識を向けて自由に楽しんで行うことが大切です。

マインドフルネス瞑想のやり方

基礎として、基本の3つのステップがあります。

  • 「調身」姿勢を整える
  • 「調息」呼吸を整える
  • 「調心」心を整える

1.背筋を伸ばして椅子に座り、姿勢を整えます。

2.呼吸を整えながら、1〜2回深呼吸を行います。

3.目を閉じ、ゆっくりと鼻呼吸を行います。

 7秒かけて息を吸い、10秒かけて息を吐きます。

4.呼吸に意識を向け、お腹の膨らみやへこみの動きを意識します。

5.雑念が湧いた時は、素直にそれを感じて受け入れ、またこの瞑想に意識を向け続けます。

6.  5分〜20分程度行った後、ゆっくりと目を開き、少しずつ意識を戻していきましょう。

以上を毎日意識して行ってみてください。

また、マインドフルネス瞑想行う際には、瞑想のゴールは何なのかイメージをしておくと良いと言われています。

「効率よく仕事をしたい」「ストレスを減らしたい」など、目標を明確にすることで、より効果の高まりが期待できます。

まとめ

身体の疲労と同様に脳も疲労をしています。

過度のストレスのかからない、バランスの良い状態を維持することで、より良いパフォーマンスを発揮する手助けになります。

日常の生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください