経営者

堀江貴文グルメ多動力を読んで

皆様こんにちは ウィルスキルアソシエイト株式会社の河島です。

今回ご紹介する書籍は堀江貴文氏のグルメ多動力についてご紹介いたします。

本の概要

この本は流行廃りがある飲食業界でも生き残る事ができる飲食店の仕組みつくりのポイントが分かる本です。

本のポイント

  1. 美味しいコンビニの冷凍食品で激安居酒屋は厳しい状況に
  2. スナックは究極の飲食スタイル
  3. コンビニを飛行機での機内食に

美味しいコンビニの冷凍食品で激安居酒屋は厳しい状況に

コンビニの冷凍食品で、激安系居酒屋は益々厳しい状況になって行く

コンビニで買う食事、特に冷凍食品は相当美味しくなっている。これは、圧倒的に開発者のクオリティとネットワークの違い、徐々に増えている今激安居酒屋の雑な料理を食べるよりも、コンビニで計算し尽くされた秒数のレンジで冷食を温めて食べ、缶ビールを飲んだ方が余程美味しい

スナックは究極の飲食店スタイル

スナックは、どんな田舎町に行っても商売が成立している。スナックには、余計なものを削ぎ落とし、コミュニケーションと言う本質的な部分、無くてはならない部分だけがある 

飲食店だけれど、旨いものを出してくれるかと言えば、乾き物のつまみしか出て来ない。客はママのことが人間的に好きで、そこに行くと癒してくれたり、怒ってくれたりする。無人コンビニは成り立っても、無人スナックは有り得ない。スナックは飲食店の究極のスタイルであり、飲食店経営者達はこの業態に学ぶべき所があるのでは無いだろうかと述べられている。

③コンビニは飛行機での機内食に

ホリエモンは数年前から、「これからのコンビニは居酒屋になる」と話している。ホリエモンがある日、某飲食店経営者の自家用飛行機に乗った所、機内食が全部冷凍食品になっていたと言う。、飛行中は気圧が下がるのと乾燥で、味が濃い目のものが美味しく感じるとのこと。つまり、コンビニの冷凍食品は、その気にさえなれば機内食も含め、ほとんどの食シーンを巻き取れてしまうことになる。

まとめ

この本は堀江貴史氏ならではの視点で飲食業界について述べられております。

厳しい競争で生き残っていく為のノウハウが満載です。これは異業種の方でも使えるノウハウであり、大変勉強になります。業種に限らず一読をオススメいたします。

グルメ多動力

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください