営業ノウハウ

”自分らしさ”を失っている営業は立場も失っている。

自分らしさ

”自分らしさ”を失っている営業は立場も失っている。

営業をしていると、徐々に、営業らしさ、というのが出てきてしまい、逆に難しくなるのが「自然体でいること」になったりしますが、これは少しおかしいです。

全く逆で、「いかに自然体でいるか??」も非常に大事です。

今日は、竹内的視点で、「自然体」ということについてご紹介をさせて頂ければと思います。

ここで質問、「あなたはいつも自然体でしょうか?」

放置

こう聞かれますと、反応が難しくないでしょうか?

例えば、「え?何が自然なの?」という定義の事から、「いつも自然というのが逆に不自然でしょ?」であるとか、「逆にいつも不自然な人っているの?」など聞きたくなるかも知れません。

ここでは、なぜ伝わらなくなるのか?からご紹介していきましょう。

なぜ、相手に想いが伝わらないのか

不満

伝わらない事の9割は変に取りつくろうから、変に取り繕うからわかりにくく、伝わりにくくなる。

これが、全てのブレーキを産んでいたりします。

お客様を目の前にして、取り繕うと、人間性を感じにくくなります。

 なので、これだけは絶対辞めて欲しいと思います。

取りつくろうと言う事は、ある意味で誤魔化す、ぼかすという事です。

ですから、やればやるほど、わかりにくくなる。

取りつくろう事を癖にしてしまうと、中々直りません。

ですから、最初からそういう習慣を持たないようにしていきましょう。

わからないことはわからない、調べてから返答すると明確に言う事を求められているわけです。

他の目を気にするんじゃなく自分らしさを出してみましょう。

妙に、取り繕って、仰々しい態度を取る必要もないですし、ビクビクする必要もないんですね。

ただ、普通に接してみる。

無理せずあなたらしさを表現する。

そうした方が、セールスで来た営業マンのことを信頼しやすくなるわけです。

つまり、「正直に自分を出して頂ける方だ」と安心するんですね。

実は自分を出すなんて難しそうに見えて誰でも出来ること。

もしかしたら、取りつくろう事が習慣になっている人からしたら、ストレートに自分を出す、というのは難しそうだと考えるかも知れません。

でも、大丈夫です。それは、取りつくろう人が持つ基本的な習慣です。

表現するのが、【恥ずかしい】し【怖い】といった気持が根底にありませんか?

それがブロックをしています。

実は経験を積めば誰でもできる。

結果が出ればさらに加速。

取り繕うのは、営業としての存在感を出そうとしているがために出る自然な行動ですが、それによって、余計に立場をなくします。

しかし実は、さらに営業経験を積めば、自然体でいることができるようになります。

しかも、自然体でいることは、余裕の表れになります。

それがさらにいい結果を呼び込むことも少なくないのです。

まとめ

決意

自然体でいることでさらなるいい結果を呼び込む

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>