営業ノウハウ

営業で成功を望むのなら「真似」=「モデリング」をすることから始めろ。

モデリング,マネ,営業

営業で成功を望むのなら「真似」=「モデリング」をすることから始めろ。

こんにちは。営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

今日は、営業の成長に欠かせないポイントをご紹介します。

実際、多くの営業で、成長が早い人、そうでない人がいます。

これは一体なぜこんな事が起こるのでしょうか?

実は、これは、たった1つの事が原因で起こってしまうのです。

ズバリ言いますと

営業は真似、パクリの仕事です。

ビジネス

もしあなたが

  • 「セールストークをうまくなりたい」
  • 「もっと成果を出したい」
  • 「ヒアリングが上手になりたい」
  • 「弱点を克服したい」

など、スキルアップを考えているのであれば、結論はまずもって1つです。

あなたは、「真似をする」のがいいです。

■誰を真似したらいいのか?

背中

もちろん近くにいる人の真似はもちろん、できれば、セミナーなどに出て、プロフェッショナルに触れてみるのもいいでしょう。

■どう成長を図るの?

成長

あなたのコミュニケーションの成長は、「誰を」「どのくらい」真似したか?

これがきわめて大事な指標となってきますので、極めたい、上達したいのであれば、この2つを意識してくださいね。

ではここで、「真似が出来ないヒト」も一方でいます。

それはなぜ起こっているのか?についてです。

不思議ですよね。あるヒトは、マネが得意で、またあるヒトはマネが苦手。

なぜこんな事になるのか?

はその要因、原因について、一石を投じますね。

マネが苦手な要因1:自分のやり方でやりたい、と固執している

このパターンの方は、実は要注意です。

自分の好きなようにやりたい人です。

でも、これってめちゃくちゃロスです。

なので、自分のやり方は一回おいておいて、マネしたほうがいいです。

マネが苦手な要因2:マネるのが恥ずかしいと思っている

もしかしたらこんな事は信じられないかも知れませんが、

マネするのが恥ずかしいと思っている人がいます。

こうなると、まずもって、成長しなくなってしまいます。

マネは別に恥ずべきことではないので、どんどんマネしてほしいと思います。

マネする事はモデリングとも呼ばれていて、非常に大事なスキル習得のテクニックなんですよ。

マネが苦手な要因3:マネ=悪いこと、と思っている

こちらも多いです。

マネ、パクリは悪い事だと思っているケースです。

1つだけ言っておきますと、マネ、パクリは悪い事ではありません。

悪い事になるケースとしては、知的財産権の侵害をするケースで、例えば、「私のブログを引用先を示さずコピペした」となると、著作権侵害になりますし、その他、特許、実用新案権、商標、意匠といった事をコピペ、まねるのは犯罪です。

がしかし、営業の話し方については、こんなものはあり得ませんので、安心して下さい笑

そこまで構えてやる必要はないのです。

まとめ

まとめ

あなたが「誰を」「どのくらい」真似したか?

今日はここまで、次回をお楽しみに^^

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>