営業ノウハウ

”売り手視点”ではなく、”買い手視点”を持つ営業こそが大成する!?

営業 視点

”売り手視点”ではなく、”買い手視点”を持つ営業こそが大成する!?

こんにちは。

考動型営業育成トレーナーの竹内です。

今日は、「売り手は時には売り手目線から離れることも大切」

についてご紹介します。

売り手視点、買い手視点、世間からの視点、

視点

これを満たす「三方よし」という格言がありますが、営業やマーケッターの視点の持ち方としては、売り手の論理から、なるべく解放され、買い手と世間に目を向けておいた方がいいです。

消費者の気持ちを知る・感じること

当然ながら、買い手をまず見ていくわけですが、売り手の論理は、買い手に不快感を与えることも少なくありませんね。

ただし、ある間違いが一つあります。

「お客様が高いといわれるから、売れません。値引きしてもいいですか?」

これを言う人は、営業では大成しません。

その理由として、ここでお客様に高いと思われるという事は、そのセールスマンの説明に難があるか、予算を大幅に超えた提案をしているかどちらかだからです

または、営業個人が根拠もなく高いと思いこんでいることが挙げられます。

実際それも、視点の置き方で、映り方も変わります。

そうやって視点を置き換えると、何が適切かが分かるようになるものです^^

まずは、売り手⇒買い手の視点に置き換えること

 

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>