管理職

営業マネジャーがやるべき3つのマネジメント業務とは

WSAブログ

営業マネジャーがやるべき3つのマネジメント業務とは

営業組織コンサルタント 竹内慎也

マネジメントに課題を感じている、個人、企業の方は実はかなり沢山おられます。

理由としては、「ゴールがないから」です。要は、永久にマネジメント(人材育成など)は続く、というわけです。

では、本日ご紹介させて頂きます内容は

営業マネジャーがやるべき3つのマネジメント業務とは一体なにか?そもそもマネジメントとは…

では、さっそくご紹介していきます。

そもそもマネジメントとは一体何ですか?

160221cybozu_business_top-thumb-640x360-94232

よく、営業マネジャーになりたての方は、プレイヤー時代との違いで悩む事が極めて多いですね。

プレイヤーとは、野球でいえば、バッター、投手。オーケストラでいえば演奏者です。

マネジャーとは、監督や、指揮者を意味するでしょう。

では、プレイヤーとして優秀=マネジャーとして優秀なのでしょうか?

これは、業務が違うため、必ずしもイコールにならない、つまり「名選手は名監督にあらず」なのですね。

特にセールスとして売上が大きかった人であればあるほど、この課題が顕著なようです。

(かくいう私も、かなりこの壁にぶつかってきました)

要は何をすればいいかわからなかったのです。

(でも、なんとなくこうかな?というのはあった)

そのせいで、私が陥ったのは、このような状態でした。

「自分でやった方が早い」「常に緊急事態を探す」「なぜできないのかを徹底的につぶそうとする」

これは、まだ未成熟だった僕がやったことですが、

では、どのようなことを基本にするのか、ご紹介します。

1.週次の業務管理マネジメント

人生

まず、あなたのチームの業務管理をすることが大事です。

「目標設定」「目標管理」「顧客管理」「進捗管理」「売り掛け管理」といったところでしょうか?これを進める上では、あなたは週でマネジメントしていますか?という事です。

上記内容はもちろん、できれば毎日、最低週1回は、マネジメントしましょう。

マネジメントとは、個別、全体でしっかりコミュニケーションをとることです。

コミュニケーションの場は、出来るだけ「短く」「頻繁に」取った方がいいでしょう。長ければ、だらけるからですね。

2.中期的な人材マネジメント

ダイバーシティ

これは、やはり一言でいえば「人に関する適切な育成の仕組みがあるかどうかです。

人材育成を行う人材評価、査定人材モチベーション管理です。

このためには、ある程度の仕組みを自ら作りつつ、常に部下の観察をしておく必要があります。

そうして、適切な評価に基づいた指導をしていくのが、大事です。

3.先読みリスクマネジメント

リスク

リスク管理ができるマネジャーは優秀です。

なぜかといえば、緊急性はないけど、重要な仕事で、先を見た仕事ができているといえるからです。

例えば、最悪の事態を想定するという「コンティンジェンシープラン」をあなたは持っていますか?

これがない場合は、まだまだ行き当たりばったりのマネジメントをしています。

また、先に起こりうるリスクを想定していますか?しているとしたら、手は打ってますか?

このあたりのことを、自分の仕事ではなく、チームという船に対して行うのが仕事です。

まとめ

アイデア

要は、この3つが極めて大事で、この3つを徹底的に、論理的に考えていくのがマネジメントなのです。

基本的に中小企業のミドルマネジメントがすべき仕事と言うのは、「管理と育成」に尽きるといっても過言ではないでしょう。

このことを念頭に置いて、動いて下さいね。

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>