営業職

初対面の方との適切なコミュニケーションのポイントとは

WSAブログ

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

 

コミュニケーションが苦手な方は多いと思いますが、多くの人はかなり「苦手だと思い込んでしまっている」、という風に思います。

 

また、「恥ずかしい」といった感情面が出るような方も多くいらっしゃる、と思います。

 

しかしながら、これは大小あるでしょうが、誰でも持つことですし、誰でも思うような内容です。

 

なので、まず冒頭では、やはり「実践回数」「慣れ」が必要である、という事をまずはお伝えしておきたいと思います。

それはなぜか?というと、恥ずかしさは慣れで多少克服しますし、どう話したらいいかわからないという内容についても、慣れである程度は解消します。

また、

この内容をご紹介させて頂きます

 

それは・・・

 

 

20130531143134_51a835b628533

 

「初対面のお客様との適切なコミュニケーションのポイント」

についてご紹介します。

色々あると思いますが、

初対面で「これはやってほしい」という事を書きますね。

 

ではでは、さっそく一つ目

 

 

■第一印象とかよりもこれが大事。

shutterstock_174760673

よく、コミュニケーションにおいては、「第一印象が大事」だとは言われます。

もちろんこれは大事ですし、否定もしませんが、第一印象というのは、会話をどうするのかという内容ではなく、あくまでも、それによって「好印象を持ってもらい好意を示していただく」ためのものであったり、

はたまた、外見に気遣う事で、「自分に自信を持たせる」ことにより、スムーズに話す土台を作るというものです。

なので、土台としては大事です。

 

がしかし、それ以上大事で、かつ目指して頂きたい、ゴールがあります。

 

それはいったい何か?といえば…

悩みや願望を聞き出すこと」です。

 

■悩みや願望をなぜ聞き出せるか?

gf01a201502171000

 

実はこれが聞けるということは、

初対面でかなり人間関係が構築できている、というわけです。

人間関係ができるような思いを持っていたり、話の聞き方ができているというわけですね。

 

逆に関係ができてなかったら、こうはできません。

ですから、「悩みや願望が聞けた」としたら、

初対面での顧客接点は合格といえます。

 

なので、それくらいある意味「込み入った話」ができているかどうかを1つの指標にしたいのです。

 

 

そのためには、第一印象とか、場慣れも必要ですが、

それ以上に「あなたの事を知りたい」という思いや熱意が伝わりやすくなるのです。

それがあるから、人間関係やコミュニケーションはスタートしていきます。

 

人は誰しも「自分のことをわかってほしい」と思っているという事実、

しっかり覚えておいてくださいね。

 

 

まとめ

Fotolia_47304251_Subscription_XL

 

初対面では、「悩みや願望を聞く」事を最低限のゴールとする

 

 

今日はここまで、次回をお楽しみに^^

 

Comments

comments

無料相談随時受付中

事業をしていく中で、「ヒト」という資源は、非常に重要ですね。

でも、会社では多くの問題を抱えるケースがあります。その一例を申し上げると、

  • 「従業員に教育など色々やっているが、教えても成長してくれない」

  • 「2番手部下がいない、育てたいけどどうしたらいいか」

  • 「管理職にもっと幹部意識を持たせたいけどどうしたらいいか」

  • これからの組織作りするけどどうすればいいかわからない」

  • 「組織に問題が多すぎてどうしたらいいかわからない」

  • 「助成金ってどんな制度があるのか」

  • 「当社で活用出来る助成金制度はあるのか」

  • 「助成金がいくら位もらえるのか試算をし人材採用や育成計画を作りたいがノウハウがない」


など、他に沢山あるでしょう。

疑問に思っておられる点がございましたら、お気軽に無料相談を活用下さい。

上記のような問題は、諦めるためにあるわけではありません。

むしろ、「解決するため」に存在していますから、「解決される」ためにあるとも言えます。

ほんの些細なご相談から、一緒に解決を図っていったことも多いです。

私たちは、中小企業のサポーターとして、お客様の課題解決に真剣に向き合っていますので、

お力になれる部分もあると思います。

 
ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

今すぐ無料で相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>