人材育成

信念を持って仕事をする営業マンを育てる3つのポイント

WSAブログ

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

成果を出す営業、出せない営業での1つ差になっている点があります。

それが、今日の内容「信念」です。

 

やはり、信念を持って仕事をしているかどうかは、成果だけでなく、周りを巻きこんだり、

応援者を得ていくうえでも極めて重要な要素だと私は考えます。

 

では信念を持つ営業にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

本日、ご紹介させて頂きます内容はこちら ⇒

 

shutterstock_167526251

信念を持って仕事をする営業を育てる3つのポイント

について紹介させて頂きます。

 

 

当社ウィル・スキル・アソシエイトでは、様々なお手伝いをするメニューがありますが、その1つで、組織の参謀役として私が関わる事があります。

その時に、中間の立ち位置の方に常に言っている、ポイントがあります。

今回はそれを3つご紹介してみようと思っています。

 

1.怠けからの後回し思考をやめて「やるべきだ」と断定させる。

R72VUqJ8mPY7GkVWOshQAePKR6D4SNUJ

人間は弱い生き物です。

そうだとすると、面倒なことを後回しにしたくなったりすることもあります。

前を向かなくなることもあります。

 

これってどういう気持ちから来ているかというと「やりたいか、やりたくないか」といった思考から来ているのです。

なので、やりたいかどうかだけで判断せず、

「この行動は必要だ」と考えてやることが極めて大事になってくるわけです。

 

というか、そういう事を考えずに、今やってしまうことを決める事、これが大事なポイントになります。

やるべきだ、と思いこんでみましょう。

 

やるべき、という行動や信念を持つことがまず第一歩です。

 

2.部下の説得には「あなただけ」

160221cybozu_business_top-thumb-640x360-94232

何か行動をしてもらったりするときや、新しい考えを共有したいとき、部下の不足を補う時に大事なことが大事です。

自分だけに、自分だけのためにやってくれていることを人は嬉しく思うものです。

なので、時間を忙しくても取る、とか、部下用に資料を少し作ってあげるなど、

「あなただけ」という視点でやることで、部下は受け入れてくれます。

 

そして、こういうタイミングで、しっかりとあなたの信念、仕事ぶりを見せることかと思います。

そういう態度が部下の信念を形成していくのです。

なので、「あなただけ」という姿勢を部下にもお客様にも見せておきましょう。

 

3.営業とは「仕事を創り出す」仕事であり、夢を作る仕事

営業という仕事は、「そこにニーズがある」から生まれるのではなく、ある意味で「仕事をつくる」という事が大事です。

そのためには、それをやることでどういういい事があるか?

その結果、未来にはどういう未来が現れるのか?

といった点をしっかりと説明していく事が大事です。

そして、そういう話をするのは、リーダーシップの素養になります。

 

なので、私はいつも

「営業とはリーダーシップである」

と言っているのですが、

夢を語り、巻き込むという姿勢を見せ、その事を言葉で伝えて欲しいのです。

その姿勢から人は動かされるのです。

 

終わりに

Fotolia_47304251_Subscription_XL
今日の話を総合すると、信念を作るには、

まず行動で見せる事が大事です。

それには、あなたがどれだけ営業を極めているか、

その業務に精通しているかも

関係してきますが、あなたの行動、

姿勢を見て部下の信念も作られるのです。

 

以上参考にして下さいね。

今日はここまで、次回をお楽しみ

 

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>