営業職

何をしても新規開拓が上手くいかないあなたへ提案です

WSAブログ

 

こんにちは^^

営業コンサルタントの竹内です。

本日は、

「新規開拓が上手くいかない。 どうすれば良いの??」

a0002_008024

 

これについて少し今日は考えていきたいと思います。

 

いくつかにわけて解決策を提案してみたいと思います。

 

 

 

提案1:誰でもかってくれたらOKになってないか?

Menjoy_52345_1

あなたの営業活動は、はたして、戦略的になってますか?

例えば、

「誰でもいいから買って欲しい」という状態ではないか?

という事です。

こうなっていると、逆に誰もあなたを選んでくれないのです。

あなた側から「御社に買って欲しい」「こういう客層に買ってもらえたら喜んでもらえる」と思える人を探すように変化させて下さいね。

 

 

提案2:手法を増やす、減らす

gf01a201502171000

これ以外で出来る事は、DM、FAX、手紙を送る、などが考えられます。

または、アポを1階層下げて会う、という方法も考えられます。

がしかし、FAXはあまり効率的でもないですし、DMは費用対効果が合わない、など、このような顧客には意味がないかも知れません。

ですから、思いを伝えるために、手紙を書く、ハガキを出す、

内容を見て頂くために、DMを送る、という風に、

「その活動はなんのためにやるのか?」

これを明確にしておきたいところですね。

電話営業は赤字ですが、先行投資です。

飛び込み営業も、時間がかかるという点を考慮すれば、時間が赤字になりますが飛び込み営業がいまだ行われているのはそれなりの結果が出ている下地があるのですね。

 

 

提案3:顧客の見切りも大事

 

https-www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA82_sorehabatu15123856-thumb-1000xauto-14198-680x454

もう1つの考え方で、

そこまで追う必要のない顧客ではないでしょうか?

見切り千両、と言いますが営業から見切ることも大切ですよ。

なぜかといえば、投資対効果が見合わない可能性があります。

もちろん、長期でいえばプラスになる可能性があれば、積極的に動いて欲しいですが、

このあたりも検討に入れてもいいでしょうね。

 

Comments

comments

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>