営業職

伝え方が9割-伝え方次第で相手の答えが変わる-

伝え方が9割

伝え方が9割-伝え方次第で相手の答えが変わる-

営業組織コンサルタント 竹内慎也

本日ご紹介する本

ダウンロード (7)

伝え方が9割

佐々木 圭一   (著)

同書の評価と感想

知的財産権

私の5段階評価 ★★★★☆ 4

前作に続き、続編となる伝え方が9割。

さらにイエスに変える、伝わりやすくする要素として、新たなスキルを3つご紹介しています。

前回を読んだことがない方も、前回の復習もあるので、前作を読んでいないストレスは感じず読めます。

かなり使えるテクニックがあるので参考にしていきたい1冊ですね。

伝え方が9割

Communication

■ノーをイエスに変える技術

  • 自分の頭の中をそのままコトバにさない
  • 相手の頭の中を想像する
  • 相手のメリットと一致するお願いをつくる

■イエスに変える切り口

  • 相手の好きなこと
  • 嫌いなこと回避
  • 選択の自由
  • 認められたい欲
  • あなた限定
  • チームワーク化
  • 感謝

■思ったままストレートに言えば素直に動くわけではない。相手を想像して話す

■ビジネスには

  • 相手の好きなこと
  • 認められたい欲

が有効。

■上司こそ認められたい。部下から口に出してあげることで関係も仕事もうまくいく

■反対の単語を入れたコトバは強く印象に残る

■1サプライズ法

  • 伝えたいコトバを決める
  • 適したサプライズワードをいれる。
  • わっ、あ、びっくり、そうだ、げげげ、ほほー、そうなんだ、おおっ、え?、う
  • わ、驚いた、ほんと?信じられない、!!!

■ギャップ法

  • 伝えたいことと、正反対のコトバを手前にいれる。
  • 美女と野獣、コクがあるのにキレがある、最高で金、最低限でも金

■赤裸々法

  • 最も伝えたいコトバを決める
  • 自分の身体の反応を赤裸々にコトバにする
  • 赤裸々キーワードを伝えたいコトバの前にいれる
  • 口は?→無言になる
  • 肌は?→鳥肌が立つ
  • 頭の中は?→真っ白になる
  • 目は?→閉じたくなる
  • 血の巡りは→早くなる

■リピート法

  • 伝えたいコトバを決める
  • 繰り返す

■クライマックス法

  • 内緒にしておいて下さい
  • ここテストに出ます
  • これを聞いたあなたラッキーですよ
  • ここだけの話ですが
  • ここから撮影禁止です
  • いちどしか言いません湯
  • ポイントは2つです
  • 他では言わないのですが
  • あなたにだけは話します
  • 告白します
  • この部分を聞くだけでも来たかいがあります

■ナンバー法

  • 大切というより9割と数字にしたほうが強い
  • (1.伝えたいコトバを決める 2.適した数字に置きかえる)
  • 「ひとつぶ300メートル」
  • 『伝え方が9割』
  • 『銀河鉄道999』
  • 『101匹わんちゃん』
  • 『3分クッキング』

■合体法

組み合わせる

■頂上法

人は一番が好き

 

ダウンロード (7)

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>