書評:代表竹内

会計が苦手な社長向けの本 はじめての管理会計

同一賃金同一社会
会計アレルギー、会計に拒否反応、なんとなく、PLはわかるけど、BSは微妙、CFは意味不明、
なんてことは往々にしてありますが、どこかで多少は知っておく必要もあります。
特に、マネジメント層になればなるほど、ですね。
そして、そういう時にどう学ぶのか?が大事です。

 

竹内的5段階評価 ★★★★☆ 4

企業マネジメントを行う上での、
管理会計について、わかりやすく解説している書です。
同書では、管理会計についてこのような説明をしています。
制度会計が企業の状態を外部に報告することを目的としているのに対し、管理会計は企業の経営者や管理者の意思決定ができるように情報提供することを目的としている
単に試験対策的に簿記を勉強して実務、実践に活かせていない人も多いかと思いますが、
同書では、経営分析、原価計算、CVP分析、キャッシュフロー、企業価値、投資etc
といった、財務会計分野の企業経営判断に活用する部分の導入に絞って書かれており、
会計に基本的に拒否反応が出る人にもある程度理解しやすく書かれています。
特に、キャッシュフロー計算書については、なんとなくしか理解出来ていないことも多いと思いますので、
その部分の説明が特に良かったと思います。
例えば、同書では、「営業CF」について以下のような説明をしています。
間接法
①まず、損益計算書の「税引き前当期純利益」をスタート
②この金額から営業活動以外の原因で生じたものを除きます。具体的には「営業外収益、営業外費用、特別利益、特別損失」に相当する金額
③さらに費用として計上されている項目のうち支出のない非資金項目(減価償却費など)を加えます
④その後、売上高と売上収入の差を「売上債権の増減」で調整し、売上原価と収入による支出の差を「仕入債務の増減」「棚卸資産の増減」で調節
⑤ここまででいったん「小計」
⑥小計の下では「利息の受け取り額「利息の支払額」「法人税の支払額」をそれぞれ表示し、「営業活動によるキャッシュフロー」の金額とします
簿記を少し学んだ人や、実践的な会計を知りたい人にいいと思います。

【同書のチェックポイント】

■当期純利益はフローで把握した当期分の利益であるのに対して、利益剰余金は当期純利益を含んだ、現在までの利益のストックとなります

■原価計算
受注生産→個別原価計算 製造指図書ごとに原価を集計します
連続生産、大量生産、見込生産→総合原価計算 月末に生じる「仕掛品」完成品換算数量を計算

標準原価計算
見積原価よりも実際原価が高いときは不利差異、見積原価よりも実際原価が低いときは有利差異

■キャッシュフロー計算書
投資活動によるキャッシュフロー

有形固定資産の購入支出
有形固定資産の売却収入
有価証券の購入支出
有価証券の売却収入
子会社・関連会社の株式購入支出
子会社・関連会社の株式売却収入

財務活動によるキャッシュフロー
借入金による調達(収入)
借入金返済による支出
株式による調達(収入)
配当の支払い
社債発行による調達(収入)
社債償還による支出

■フリーキャッシュフローは「自由に使える資金」

■企業価値はどのように測るか
①キャッシュフローで測る
フリーキャッシュフローで測る
②資産価値で測る方法
貸借対照表の純資産額で測る
③株式の価値で測る
株式市場の株価で

■理念なき計画は暴走のもと、計画なき理念は迷走のもと

■安全余裕率を高めるには
売上高を増やす
損益分岐点売上高を低くする

事業部制会計
■社内取引制度
社内のサービスに価格を設定
事業部でサービスを享受する場合、費用を計上

■社内資本金制度
事業部で使用する資産に応じて資本金も分散
事業部ごとに資本利益率の目標値を設定

 

▼合わせて読む

・書評:決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法

・書評:決算書はここだけ読め!キャッシュ・フロー計算書編

・書評:ファイナンス教室 (グロービスMBA集中講義)

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>