労働関係法令

会社外で働く人の 「みなし労働時間制」とは?

会社外で働く人の 「みなし労働時間制」とは?

会社外で働く人の

「みなし労働時間制」とは?

 

皆さん、こんにちは!

ウィル・スキル・アソシエイトの叶です。

 

今回は事業場外の「みなし労働時間制」に関しての内容となります。

 

 

【仕事の事情に応じて活用できる労働時間制】

いろいろな働き方があり、実労働時間だけでははかりにくい仕事や、頻閑の差が激しくて常に1日8時間・週40時間に収めるというルールがどうしても合わない仕事もあります。

そこで特例として、法定労働時間を超えて労働時間を設定することができる変則的な労働時間制がいくつか用意されています。それが各種の変形労働時間制やみなし労働時間制となります。

 

【みなし労働時間制とは何か】

労働したのであれば、実際の労働時間が何時間であったかに関わらず、その業務をするのに必要

とされる時間を労働したものとみなす制度。注意点としては、働かなかった日に働いたとみなすものではない。

 

 

【営業マンには特例を使う】

「営業マンには残業代を支払わなくても良い」というのが常識化している傾向があります。

会社外で働く営業マンのようなケースでは、労働時間を正確に把握するのが困難な為、労働基準法では、実際の労働時間にかかわらず、決めた時間を労働時間とみなすことを認めているのです。

これを「事業場外のみなし労働時間制」といいます。現実の労働時間が何時間であったかは関係ありません。その業務をするために必要とされる時間を働いたとみなすのです。

また、みなし労働時間制には、「会社外で労働するため、労働時間を算定するのが難しい」という大前提があります。従って、労働時間を把握できるのであれば、みなし労働時間とは認められません。(実際に労働した時間で算定する)

 

※移動時間は労働時間ではない

経費削減のために大企業でも労働時間終了後に移動させるようになりました。

労働時間終了後に、出張のために列車に乗車する時間は、労働時間には当たりません。

ただし、荷物の運搬そのものが目的である場合等は労働時間になります。

 

 

【法廷の労働時間を超える場合は協定書が必要】

みなし労働時間が8時間であれば協定書も残業代もいりません。

ただし、みなし労働時間が法定労働時間の8時間を超える場合は、労使協定を結び、労働基準監督署へ届け出る必要があります。

この場合、超える分の残業代を支払います。このときの労使協定の手続きは、時間外労働の協定書

と同じです。

 

 

 

【まとめ】

1、みなし労働時間制では実際の労働時間に関係なく残業代はいらない。

 

2、みなし労働時間制は営業マンや出張など社外で働く従業員に活用できる。

 

 

ご一読いただきましてありがとうございました!今回の内容はここまでとなります。

皆様、次回もどうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

 

 

参考文献: 下山智恵子 著「労働基準法がよくわかる本」 成美堂出版

今井慎 新井将司 監修「これ一冊でぜんぶわかる!労働基準法」 ナツメ社

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>