書評:私が気になったビジネス本をご紹介

「引き算する勇気 ─会社を強くする逆転発想」を読んでみて

wsa%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

「引き算する勇気 ─会社を強くする逆転発想」を読んでみて

営業組織コンサルタント 竹内慎也

本日ご紹介する本

 

引き算する勇気 ─会社を強くする逆転発想

岩崎 邦彦  (著)

http://amzn.to/2hvcIZ3

同書の評価と感想

img_caeb0d61025427eb292e4ee4e278e6cd71547

5段階評価 ★★★★☆ 4

大企業は経営資源において全て中小を凌駕している。

その中で、中小企業は生存をかけて様々な戦略を考えていかなければいけない

そうすると、劣勢になってもとがった戦略が打ち立てられていなければいけない

それを書いているのが、同書です。

多くの中小企業は、他の会社の成功を模倣しがちでそれが専門特化からずれた方向性を導いてしまう。

そして、中小企業なのに増やそうとしたら、資源の分散が起こる。

そういった事が非常に分かりやすく書かれています。

中小企業で、改めて、マーケティング、戦略を考える上では非常に参考になる1冊だと思いますし、特化型事業をされている場合は勇気をもらえると思います。

竹内的本書のポイント

終わりに

■隣の芝生は青くならない。大切なものは自分の足元にある

■前向きな「やならい」、積極的な引き算がある

■「多い=豊か」ではない

■増やすと、経営資源が分散する

■全員に好かれようとすると誰にも好かれなくなる

■「付加する価値」から「引く価値」へ視点をシフトする

■目先の売り上げを追わず、長期的な視点で考える

■「引くこと」は怖くない

■総合的な品ぞろえはしない

■情報を伝えすぎない

■「弱み」を克服するよりも「強み」を徹底的に伸ばす

■核となる商品をつくる

■優先順位をつけてメリハリをつける

■余白を大切にして詰め込みすぎない

■制約をチカラに変える

■「ヨコの成長」ではなく「タテの成長」を志向する

■シンプルな経営を志向している企業ほど業績が良い

■二兎を追うものは一兎をも得ずと考えている企業ほど業績が良い

■事業領域を絞り込んでいる企業ほど業績が良い

■取扱商品を絞り込んでいる企業ほど業績が良い

■顧客ターゲットを絞り込んでいる企業ほど業績が良い

■シンプルなデザインを重視している企業ほど業績が良い

 

Comments

comments

無料相談随時受付中

事業をしていく中で、「ヒト」という資源は、非常に重要ですね。

でも、会社では多くの問題を抱えるケースがあります。その一例を申し上げると、

  • 「従業員に教育など色々やっているが、教えても成長してくれない」

  • 「2番手部下がいない、育てたいけどどうしたらいいか」

  • 「管理職にもっと幹部意識を持たせたいけどどうしたらいいか」

  • これからの組織作りするけどどうすればいいかわからない」

  • 「組織に問題が多すぎてどうしたらいいかわからない」

  • 「助成金ってどんな制度があるのか」

  • 「当社で活用出来る助成金制度はあるのか」

  • 「助成金がいくら位もらえるのか試算をし人材採用や育成計画を作りたいがノウハウがない」


など、他に沢山あるでしょう。

疑問に思っておられる点がございましたら、お気軽に無料相談を活用下さい。

上記のような問題は、諦めるためにあるわけではありません。

むしろ、「解決するため」に存在していますから、「解決される」ためにあるとも言えます。

ほんの些細なご相談から、一緒に解決を図っていったことも多いです。

私たちは、中小企業のサポーターとして、お客様の課題解決に真剣に向き合っていますので、

お力になれる部分もあると思います。

 
ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

今すぐ無料で相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>