組織活性化

会社の経営状況を4分野の数値で見る

企業は、ヒトモノカネによって出来ていて、ヒトがモノを作って売ってカネに代えています。そうするとあらゆる活動のゴールは「カネ」の部分に帰結します。

売上目標や利益目標、シェア率などを営業部門などで目標設定をします。

それらをどのような金額配分で得たのか?は経営のある意味で通信簿となります

それらの通信簿を見て、金融機関や投資家、VCはお金を融資したり、投資したりと判断をします。

この通信簿となるのが4つの分野であり、経営分析や財務分析と言われるものになります。

その際に必ず見られる4分野と、特に重要な指標についてご紹介をします。

1.安全性

 どれだけ収益力があっても、それだけで安全か?というとそうでもないのです。言ってみれば、ものすごく早いスポーツカーが速く走れても安全かどうかは無関係であることと一緒です。

特に重要な指標としては、長期的な安全性を示す、「自己資本比率」や短期安全性を示す「流動比率」などがありますが、こちらは「企業の基礎体力がわかるファンダメンタルズとは」をご覧ください。

2.収益性

 企業の稼ぐ力を示すものが収益力です。一般的によく言う「粗利」とか「利益率」などというジャンルがこちらです。

本業収益力である営業利益率を代表として、ここは絶対見られます。
詳しくは、「企業の基礎体力がわかるファンダメンタルズとは」をご覧ください。

3.返済能力

安全性で収益性が高ければ、お金を借りても返済は可能であるとは思えますが、既に借入を多くしている場合はどうなりますでしょうか?

これについては、貸す側の心理に立てば「大丈夫か?」と思うと思いますね。

なので、返済能力や状況の確認は非常に重要となります。

特にここでよく見られる指標は、債務償還年数です。

債務償還年数 = 借入を返済出来る年数のこと

主に3つのパターンがあります。

◆通常ver
債務償還年数 = 借入金残高 ÷(税引後利益+減価償却費)
◆ 運転資金控除後ver
債務償還年数 = (借入金残高-運転資金) ÷(税引後利益+減価償却費)

◆ 運転資金・現預金控除後ver
債務償還年数 = (借入金残高 - 運転資金 - 現金預金) ÷(税引後利益+減価償却費)

※ 運転資金 = 売掛金・受取手形+たな卸資産 ー 買掛金・支払手形

 この指標は概ね10年以内という所を1つの軸としているケースが多いです。

どれかの指標でまずは10年以内を目指す事が理想となります。

4.成長性

どれだけ安定していて、稼げて、返済能力があっても、その企業は成長しているのか?という点も大事であります。

成長すればするほど、返済余力も高まれば、安全性・収入そのものの絶対額も高まってくるからです。

主にここではどのような指標をみるか?というと、「増加率」という形で収益性などを見ていきます。例で3つほど示します。

売上高増加率 = (当期売上-前期売上)÷前期売上

総資本増加率 = (当期総資産-前期総資産)÷前期総資産

経常利益増加率 =(当期経常利益-前期経常利益)÷前期経常利益

終わりに

この4分野で、総合的に把握するだけでなく、この4分野における数字の改善が重要となってくるわけです。

そのまず入り口は「収益性の向上」となるケースが多いです。

収益性の向上のため、営業や営業組織の強化を図るケースは多くあり、営業組織の強化から強い組織風土へとつなげることも、また大事となってくるでしょう。

Comments

comments

ウィル・スキル・アソシエイトの研修について

「外部研修なんてどこも同じだろう?ただでさえ忙しいのに。行っても意味ないよ…」


こんなお声が聞こえてきそうです。

確かに、外部研修に参加して、受講当時はモチベーションが高くなるが、それ以外に特に身に付くこともなく、時間が経てば高くなったモチベーションも、また元通りに…というような研修は多いとは思います。

つまり整理すると、

  • 「効果が一時的」

  • 「レベルが合わない」

  • 「研修もやりっぱなし(講師がしゃべりっぱなし」

  • 「自分の理解度や出来ているかどうかが不明」


という事が一般的に多いのかな?と思います。

しかし、当社は違います。

WSAではこのようなありがちな事を出来るだけ解消します


このような研修にならないよう、「フィードバックをする」「オーダーメイドを細かく行う」「双方向で行う」ということを意識した研修を行っています。

そして、出来るだけ、いつ、何を実践するかまで、考えて頂くようにしています。

他社の研修との違いは?


そして、他社の研修との最も大きな違いは、「仕事ですぐに使える」「実践できる」という内容であるということです。

例えば、営業研修であれば、「共感の取り方」「傾聴の方法」などを少人数制で、数多くのワークを交えながら身に付けて頂きます。マーケティング研修であれば、「自社の強みや得意分野の把握」、「リピーターのつくり方」、「他社との差別化の方法」などを、中小・零細企業に特化した形で伝えております。

効果につながった事例も多数あります。

 従業員に受講させたお客様(会社様)からのお声は?



  •  「売上が上がった」

  • 「会議などでの姿勢が大幅に変わった」

  • 「会社での発言の量が変わった」

  • 「仕事に対して本気になった」

  • 「従業員から、売上やコストなど、数字に関する質問が増えた」


などのお声を頂戴しております。

実際のお客様の導入事例はこちらから

 美容業界の導入事例 美容

飲食業界の導入事例 飲食

受講生の方からのお声



  • 「同業種の方との横の繋がりもできるので、良い刺激を受けることができた」

  • 「明日から仕事ですぐに活かせることを学ぶことができた」

  • 「自分の悩みに丁度フィットする内容だった」

  • 「今日使える速攻ノウハウを学べて、すぐ結果につながった」

  • 「今後の目標設定をしっかり行う事が出来て、やる気がアップした」


という感想を頂いています。

研修申込に関わらず人材育成についてのお悩みがあればお気軽にご相談下さいませ。

WSAスクール


定額制研修の WSAスクール 身に付くまで 何でも通える!気軽にできるお試し受講はこちら

 オンライン講座


オンラインで学んで頂けるようになりました。一部無料視聴も可能です。



screenshot_2016_11_15

人材育成について相談する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください