財務会計

会社の健康状態、分かりますか?

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社のコンサルタント森田です。

今回も、みなさんのマネジメントのお役に立つ知識を、ご紹介させて頂きます。

皆さんは、財務諸表について、ご存知ですか?

会社の、いわゆる「数字」を、見るものです。

会社の、「健康状態」が、すぐ分かるもの、とも言われています。

今回は、この「数字」にまつわる、お話です。

財務諸表

財務諸表は、決算期を迎えた企業が公表する書類のひとつです。

財務諸表は以下の3つの書類から構成されています。

・貸借対照表

・損益計算書

・キャッシュフロー計算書

貸借対照表

企業の「資産・負債・資本」の3つをまとめた表です。

企業が資金をどのように調達しており、どういった形で保有しているのかを表しています。

一般的には、左側に資産を記載し、右側に負債・資本を記載します。

最終的に「資産の合計額=負債・資本の合計額」となり、左側と右側の合計が同じ値となるので、「バランスシート」とも、呼ばれています。

損益計算書

損益計算書とは、一定期間の企業の経営成績を表すものです。

売上高や売上原価などが記載されており、これらの数値から以下の5つの利益を算出します。

売上総利益

営業利益

経常利益

税引前当期純利益

当期純利益

当期純利益がマイナスの場合は、その期が赤字であったことを意味します。

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は、現金・預金など会社が保有するお金の流れを表した書類です。「営業活動・投資活動・財務活動」の3つの区分から構成されており、企業がどこから資金を調達したのか、何に資金を使ったのかが分かるものになります。

企業のキャッシュフローを把握できるので、資金繰りを改善する場合は必須となる書類となります。

分析のポイント

そして、これらの、財務諸表から、以下の視点で、分析していきます。

収益性 順調に利益が生じているかどうか

安全性 事業の継続性が高いかどうか

効率性 無駄なコスト・時間がかかっていないかどうか

生産性 投入した資源を活用できているかどうか

成長性 前期などと比べて、順調に成長しているかどうか

自己資本比率

例えば、安全性を計る、代表的な指標が、自己資本比率です。

自己資本比率は企業の安全性を判断するだけではなく、金融機関から融資を受ける際にも用いられる指標です。さまざまなシーンで活用する指標なので、下記の計算式はきちんと覚えておきましょう。

自己資本比率(%)=自己資産÷総資産×100

売上高営業利益率

そして、もう一つ、収益性の指標として、売上高営業利益率があります。

売上高営業利益率とは、売上高から売上原価と販売費及び一般管理費を差し引いた営業利益の売上高に対する割合をいいます。
売上高営業利益率は、その会社の主たる業務から得られる収益と、この収益に対応する営業費用をもとに計算します。 従って、これを分析することで、会社ごとの財務構造からの影響を排除した上で、本業でどのぐらい効率的に儲けたか ということを知ることができます。

この値が大きいほど本業の収益力が高いといえます。 

売上高営業利益率 = 営業利益 ÷ 売上高 × 100(%)

こういった、分析を経て、会社の経営の健全化を計っていくことになります。

では、今回は、この辺りまでです。

次回も、みなさんのマネジメントのお役に立つ知識を、ご紹介させて頂きます。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください