書評:私が気になったビジネス本をご紹介

「仕事で結果を出す人はこの「きれいごと」を言わない!」を読んでみて

WSAブログ

「仕事で結果を出す人はこの「きれいごと」を言わない!」を読んでみて

営業組織コンサルタント 竹内慎也

ビジネスで、美辞麗句を並べたてるヒトはもちろんですが、あたりさわりのない事ばかり言ってるだけで行動しないヒトもいますよね。

私は、どちらのタイプとも合わないなと個人的に思っていますが、実はきれいごとを言うだけのヒトは絶対成功しない理由があります。

今回ご紹介する本

ダウンロード (28)

仕事で結果を出す人はこの「きれいごと」を言わない!

上野光夫  (著)

http://goo.gl/D2KjKA

同書の評価と感想

img_caeb0d61025427eb292e4ee4e278e6cd71547

私の5段階評価 ★★★★★ 5

仕事では、アドバイスをくれる人によって、全然違う事を教えられることがある。

その両方が正解ではなく、自分の常識が正解ではない場合も多い。

そういった内容を私たちは、「きれいごと」と呼んでいるが、そのきれいごとを言っているから、仕事で成果がでない、という事が多い。

なので、世の中にある間違った「きれいごと」を一掃させるのが同書ですが、非常に共感出来る点が多かった。

本当に同書の冒頭にあるように、「結果を出す人とはやるべきことを厳選する人」だと思います。

竹内的本書のポイント

アイデア

■結果を出す人とはやるべきことを厳選する人

■きれいごとをやめれば本当にやるべきことだけが残る

■いい人はどうでもいい人

■二流は偽善者、一流は偽悪者

■きれいごとをやめ普通の人がやらないことをあえて実行することが結果を出すための原動力

■群れにいる限り仕事の力は育たない

■第三者視点がある人は成功する

■結果よりもプロセスが大事はきれいごと

■頑張れば誰かが評価してくれるはきれいごと

■ワークライフバランスはきれいごと

■精神論では結果を出せないはきれいごと

■仕事の型を覚えるはきれいごと

■仕事を抱え込むことはよくないはきれいごと

■置かれた場所で咲けばいいはきれいごと

■部下に好かれる必要はないはきれいごと

■根回しが大切はきれいごと

■何事もポジティブに考えるはきれいごと

■フレームワークで考えるはきれいごと

■即断即決するはきれいごと

■一つのことに集中することが大切はきれいごと

■お客様の視点に立って考えるはきれいごと

■誰もが賛成する意見はきれいごと

■バランス感覚が大事はきれいごと

■ネットの情報は役に立たないはきれいごと

■原理原則が大切はきれいごと

■第一印象を大切にするはきれいごと

■人脈は一番の資産であるはきれいごと

■人は変わるこてができないはきれいごと

■相手の気持ちになって話をすべきはきれいごと

■相手のいいところを探すはきれいごと

■嫌なヤツほど学びをくれるはきれいごと

■孤独は寂しいはきれいごと

■和を乱してはいけないはきれいごと

■いつかはしたいはきれいごと

■走りながら考えるはきれいごと

■目標は達成可能なレベルにするはきれいごと

■年齢にふさわしい行動をすべきはきれいごと

■逃げてはいけないはきれいごと

■失敗から学べばいいはきれいごと

■コツコツと継続するはきれいごと

■お金より大事なものがあるはきれいごと

■いい仕事をすればお金はあとからついてくるはきれいごと

■無借金状態を目指せはきれいごと

■能力と収入が比例しないはきれいごと

■会社が延びていないからしかたがないはきれいごと

■お金持ちは汚いはきれいごと

■物欲はよくないはきれいごと

ダウンロード (28)

 合わせて読む

・書評:「一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~」を読みました。・

 ・「嫌われる男こそ一流」を読んでみて・

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。




【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>