経営者

今後求められる労務管理とは?

皆様こんにちは ウィルスキルアソシエイト株式会社コンサルタントの河島です。

今回は民法改正により、今後ますます求められる労務管理についてご紹介いたします。

民法では、原則として(請求権)の消滅時効ががあります。何事にも期限の定めがあり例えば飲食店でのツケは一年商売の売り掛けは2年 今回の民法改正では、基本的に全ての債権について、権利を行使できることを知った時から5年間、または権利を行使できる時から10年間の場合時効によって消滅することなりました、未払い残業代の請求権についての消滅時効期間は現在2年ということになりますが未払い残業代の支払いについては、最大2年間まで遡っての指導となっていて、それ以上前の支払いまでは指導していません。

すべての権利とありますが未払い残業代請求権などはどうなるのでしょうか?

未払い残業代の請求権についての消滅時効期間は現在2年ということになります。未払い残業代の支払いについては、最大2年間まで遡っての指導となっていて、それ以上前の支払いまでは指導していません。

 企業の中には「未払い残業代が摘発されたら過去2年分を支払えばいい」と考えているところもありますが この「2年分」が「5年分」に変更されたら、会社は耐えられないかもしれません。未払い残業のある会社では、ごまかすために労働時間の管理がいい加減になっているものです。これが、社員のサボりや手抜きを助長していたり、働き以上の賃金を支給する原因となっていたりもします。

(労務管理見直しの必要性)

労務管理は企業経営、企業業績を大きく左右する重要なポイントです、労務管理の責任は経営者のみならず管理職にもあることを強く認識する必要がますますでてくるかと思います今後仕事と生活の調和の理解促進をすすめ組織の生産性や業務効率を高め働く社員のモチベーションを保つ土台をつくり利益を伸ばす為に一度労務管理をこの機会に見直してみるのもいいかもしれないですね.

今日ここまでまた次回もよろしくお願いいたします。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください