経営者

今だからこそ新しい取組をしよう~自社のテレワーク事例とおススメツール~

皆様、こんにちは!

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社の叶でございます。

今回ご紹介させて頂きます内容は弊社の「テレワーク事例と使ってみておススメのツール」に関してです。

コロナウィルスが猛威を振るう中、緊急事態宣言も延長されようとしています。

今後更に継続するであろう自粛ムード中におきまして、いかに効率よくテレワークを出来るかは

コロナウィルスの影響の収束時に大きく結果として現れてきます。

「ピンチをチャンスに」そういう風に考える事の出来る人材が今後活躍していくでしょう。

弊社のテレワーク事例

 緊急事態宣言下において、テレワークを実施されている企業は多くなってきています。

今からテレワークに初めて切り替えるけれども、勝手がわからない、うまく機能していない、

そういう例は多くあると聞きます。

 こちらでは弊社の活用例をあげさせて頂きますので、どうぞご参考頂けますと嬉しく思います。

・社内勉強会(8時25分~9時)   ※GOOGLEハングアウト活用

・朝礼   (9時~9時15分)   ※GOOGLEハングアウト活用

・各自、業務に移る(営業、事務等)  ※(例)営業はZOOM等活用し商談

・午前報告 (12時~12時15分)   ※chatwork 活用

・夕礼   (17時~17時15分)   ※GOOGLEハングアウト活用

・日報(最終報告) (20時~)     ※chatwork 活用

基本的には弊社社員は、上記のようなタイムスケジュールで動いております。

 社内、社外問わずに人と会う機会を削減するために、GOOGLEハングアウトやZOOM等を有効活用し、遠隔でも商談やミーティングができるような取り組みをしております。

使ってみておススメのツール

 やはり無料という点では、ZOOMやGOOGLEハングアウトが挙げられます。

ZOOMに関しては最近話題にもなっていますセキュリティ問題の関係で弊社ではGOOGLEハングアウトを活用しています。

活用している中での感想としては、通信状況にもよりますが、
音声や画面もスムーズに動きますし、特に不具合もありませんので非常に活用しやすくなります。

 また、弊社はchatworkも普段から活用しているのですが、こちらは報告内容を文字で残す際に便利です。1対1のやり取りはもちろん、プロジェクト毎にグループ設定ができるので、重宝し活用しています。

 普段の商談やミーティング等に関しては、ZOOMやGOOGLEハングアウト、

社内においての報告はchatworkやグループline等を活用し、やり取りをしています。

まとめ

 普段からテレワークに興味はあったけれども、まだ活用迄踏み切れていない企業様、

今が最も導入にふさわしいタイミングといえます。

 逆に「今」導入をしなければ、次回のタイミングを探すのは難しいといえるのではないでしょうか。

 微力ながらも弊社の活用事例をご参考頂きまして、御社の一助になれば幸いです。

今回はここまでとなります!

また次回、皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください