書評:私が気になったビジネス本をご紹介

今すぐフォロワーはやめなさい!

ダウンロード (5)

おはようございます。

もう9月が終わろうとしていますね。

 

「時間が経つのが早い!」

 

後でこれをしようと思っていたら

もう遅くなっているかもですね。。

いま出来ることはなんでもしておくべきかもしれませんね。

 

ではでは、今回のWSAは「今すぐフォロワーはやめなさい! 人生のリーダーになるために、やるべきこと、やってはいけないこと」という本を読んでみた、

その感想と要点をお伝えしようと思います。


ダウンロード (5)

 

今すぐフォロワーはやめなさい! 人生のリーダーになるために、やるべきこと、やってはいけないこと

加藤 秀視 (著)

http://goo.gl/QVWSRP

 


 

 

私の5段階評価 ★★★★☆ 4

 

暴走族、裏社会、逮捕を経て、100億円企業をつくった著者の、

考え方、リーダーシップを理解できる本です。

 

私たちは、誰でもリーダーになれるが、

リスクを背負えない人も多いですが、

同書を読むと、人生をどう進んでいけばいいのかが

わかります。

 

社会のフォロワー、要はリーダー以外の人間を量産させるシステムに

疑いを持つ、というのは、実は、僕は大学時代に経験しました。

 

それは、就職活動が始まる時期のこと。

つい最近まで、金髪だった奴が全員髪の毛が黒くなり、個性がなくなる。

そして、やる気もないのに、焦りから就職活動を開始。

その姿が、滑稽でたまらなく、僕は全くやらずに卒業しました。

 

その分、社会でのロスは数年ありましたが、

今起業して仕事をできているのは、そこで安易に乗らなかったからだと

今でも思って居ます。

 

そういう点でも非常に共感した1冊です。

 


 

<本書のポイント>

 

■リーダーにならなければ一生不自由になる

■リーダーとは肯定的な影響力を持って人々をリードしていく人

■世の中のほとんどの人が幸せを手に入れられない価値観に教育されてしまっている

■リーダーは発信する人、フォロワーは受け取る人ともいえます

■リーダーは自分の専門領域や仕事においては必ず他者に肯定的な影響を与えています

■何を与えることができるかにフォーカスしているリーダーで成功していない人はいません

■人を動かすエネルギーには愛と怖れの二種類があります

■極論、モノやお金を与える人には新しいモノやお金もどこかから回ってくる

■私がここまでこられたのは、相手を勝たせ続けてきたから。つまり与え続けてきたから

■私達はフォロワー量産システムに間違った思い込みを植え付けられ、自信と自主性が奪われている

■リーダーとフォロワーの考え方は正反対。ゆえに間違った思い込みを手放さなければならない。

■本物とニセモノの見分け方、本物の4つの条件

信念の中心に愛がある

言行が一致している

確かな実績がある

人を巻き込むビジョンを持っている

■人はひとりでは変われない。だからこそ環境や人間関係をセットで変える

■変わるときに重要な3つのポイントは誰から学ぶか?誰と組むか?何をするか?

■自分の理想像を明確にし、本物を探し、距離を近づけ、徹底的に学び続けていくことで、自分も本物に近づいていく

■人はビジョンに対して対価を払う。ビジョンには人もお金も情報もすべてが集まる

■最初の第一歩はフェイスブック上で本音でビジョンを語ること。

■家族や仲間などアナタにしか救えない人がいる。

 


 

ダウンロード (5)

 

今すぐフォロワーはやめなさい! 人生のリーダーになるために、やるべきこと、やってはいけないこと

加藤 秀視 (著)

http://goo.gl/QVWSRP

 


 

 

Comments

comments

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>