人事評価・賃金

人材採用の手法と効果についてまとめてみました

pt0D17SvVl33Wc51525999710_1525999844

採用手法は多種多様

現在非常に多くの採用手法が世の中にあります。

それはお金がかかるものもあれば全くかからないものもあります。

では、採用力のある会社はどのように採用をしているのでしょうか?

実は手法の結論はこれです。

「1つの手法に依存せず多種多様な方法を織り交ぜている」

という事です。

 

そして採用力の高い会社ほど「欲しい人物像を明確化」しています。

これは私が求人広告営業として5年間仕事をし

人材育成・コンサルティング会社を8年経験する中で見てきたことですが

絶対に言える事です。

今回は採用について紹介をしていきます。

 

採用手法をあげてみる

ここでは今世の中にある「採用手法」をあげてみます。

無料でできること

  • ハローワーク(定番ですね)
  • 張り紙等
  • 知人・従業員からの紹介(リファーラル採用)
  • 自社HPやブログ等で告知する
  • Indeed等の活用

 

です。

これら無料の方法については

出来る事はやっておいた方がいいと思います。

次はお金がかかる方法です。

 

有料でできること

  • 超高額 スカウトを使う
  • 高額  人材紹介会社に依頼する
  • 低~中 人材派遣会社に依頼する
  • 低~高 求人広告に掲載をする

 

が定番です。

特に目新しい方法はないのではないでしょうか?

 

基本的に

これらの手法をミックスしないと今は効果が出ません。

 

そして採用力の違いは

「どの方法を使っているか?」

ではない事もなんとなくわかりますよね?

 

実はもっと大事なことがあるんです。

それを紹介します。

 

その手法の効果をあげる3つのシンプルな方法

そこで効果を高める方法は主に3つあります。

 

1募集記事のライティング力

1つ目は「募集記事のライティング力」を高めることです。

かいている内容が伝わらない、ワクワクしない、では中々効果も出ませんよね。

また、内容を「あえて書かない」という選択をされる方がいらっしゃいますが

このパターンについても、あとあと採用のミスマッチ等にもつながり離職の要因へとつながります。

ですので、記事を書く力がめちゃくちゃ重要なのです。

ですが中身のない記事では意味がないので

コンテンツで何がいえるのか?これが重要です。

 

記事の中身(コンテンツ)が明確か?

コンテンツは「会社」「組織」「個人」の観点が重要です。

 

会社視点

記事を書く力を高めると同時に

会社のビジョン」や「今後の方向性」といったものや

創立秘話」・「商品開発秘話」といったもの

差別化要因」などといった経営上の戦略面も明確にしておかないといけません。

 

どういった旗を立てているか?が重要であるという事です。

 

組織視点
  • どういった組織なのか?
  • 何が強みの組織なのか?
  • どんな組織文化があるか?

といった面も見せていかないと伝わりません。

私が求人広告営業をしていた時にヒアリングして

ここを明快に答えられている会社様は効果が出しやすかったのを覚えています。

 

個人視点

最後に「個人の活躍の場」や「個人に何を期待しているか?」といった面も

絶対に書かないといけません。

なぜかというとそういう面をもとに人は自分の将来像を描くからです。

それがわからないことには「応募」もありえませんよね?

 

 

2働きやすい労働環境整備

2つ目は「働きやすい労働環境整備」を行っておくことです。

働きやすい職場と働きにくい職場だと、あなたはどちらで働きたいですか?

結論、「働きやすい職場」かと思います。

これを実現するために、来てほしい人物を明確にしたうえで

その人が「あったら嬉しい」と思う様な、職場環境の整備が重要です。

 

例えば、女性社員を中心に考えたいなら「育児休業」や「結婚退職後の復帰制度

子育て世代向けのフレックスタイム制度」などでしょうか?

また最近では「介護離職」が叫ばれており会社内でもある一定の支援制度が

必要となってきている背景もあります。

 

こういった制度整備を少しずつ行う必要があります。

 

3やる気になる制度を設計していく

3つ目は「やる気になる制度を設計していく」ことです。

例えば、成果を正当に反映してほしい人を集めたいなら「成果主義型賃金制度」の導入を行ったり

逆に研究開発等を中心に考えるなら、「長期的視点に立った人事評価制度」を導入したり、

起業家タイプを集めたいなら「社内ベンチャー制度」「社内提案制度」などを導入し

モチベーションを高めるようにする必要があるでしょう。

 

それ以外には「人材育成」を積極的に行う事は能力開発以外にもメリットが生まれますので

人材育成についての実施も検討していく必要があるでしょう。

 

終わりに

時々このような話をすると「そんなのうちにはムリ」と言われる中小企業の経営者様がおられます。

もちろんこれは難易度が高いのですが実行している会社もあります。

自社単独導入が難しいようでしたら専門家の力を借りる事で導入だけでなく運用支援もしてもらえると思いますので検討してみてはいかがでしょうか?

 

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>