労働関係法令

人手不足倒産を経営課題にしない為に知っておく従業員満足(ES)

人手不足倒産を経営課題にしない為に知っておく従業員満足(ES)

人手不足倒産を経営課題に

しない為に知っておく

従業員満足(ES)

 

 

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社のコンサルタント 今吉 勝也です。

「企業は人のなり」という言葉がありますが、今時代は「資金繰り」から「人繰り」の時代へ移行しました。

 

人手不足の状況とは?

実際に人手が確保できないことが要因となり、企業の命が奪われる「人手不足倒産」が増加の一途を辿っています。全国1万社の回答を集計した「人手不足に対する企業の動向調査(2018年4月)」(帝国データバンク、5月24日発表)では、正社員が不足しているとていると回答した企業は全体の49.2%を占め、1年前(2017年4月)の同調査から5.5ポイント増となった。また、直近2018年5月の有効求人倍率(季節調整値、厚生労働省、6月30日発表)は1.60倍と、1074年1月(1.64倍)以来、44年4ヶ月ぶりの1.6倍台に達し、企業の人手不足を裏付けています。

 

人手不足倒産の現状

こうしたなか帝国データバンクでは、従業員の離職や採用難等により収益が悪化したことなどを要因とする倒産(個人事業主含む、負債1000万円以上、法的整理)を「人手不足倒産」と定義し、調査開始(2013年1月)以降、2018年上半期までの5年半で発生した倒産を集計・分析しています。

 

2018年上半期(1~6月)の「人手不足倒産」は70件発生し、負債総額は106億7700万円となった。件数は3年連続で前年同期を上回り、調査開始(2013年1月)以降、半期ベースで最多となり、年間合計で初めて100件を超えた2017年(106件)を上回る勢いとなっています。

 

業界別件数をみると、「サービス業」が前年同期比26.7%の増加で、最多の19件を占めています。

 

私も学生時代に様々なアルバイトをしましたが、そこで継続してアルバイトをしたいと思ったお店や反対に辞めてやる!と思ったお店と両極端に感じていたなと考える事があります。仕事は忙しかったものの、長く働いていたお店は店長がアルバイト1人1人を見てくれていて、時折「いつも頑張ってくれているね」と声を掛けてくれたり、任せてくれる仕事をどんどん増やしてくれたりと自分なりのやる気を引き出してくていたお店でした。

アルバイト仲間の先輩や同期、後輩も同様の理由で長く働いていた人が多かったです。

逆に長く続かないお店は従業員がお店をどうやって盛り上げていくかを持ち寄って考えたりしていた飲食店だったものの、月に1~2回程顔を出すオーナーが仕事と関係ない理由でアルバイトに怒鳴り散らしたり、「アルバイトなんか道端に落ちている小石と一緒で代えはいくらでもいる」といったりしていたお店でした。

私がアルバイトしていたのは20年近く前だったので、募集すればアルバイトはすぐに集まったり、正社員も選べる時代だったので、上記の様なお店でも続けていけたのだと思います。

 

 従業員に喜ばれる職場環境作りとは?

現在のような人手が慢性的に不足している時代ではアルバイトを軽視しているお店はすぐに回らなくなり閉店せざるをえないでしょう。実際に私が働いていた飲食店もスタッフが大量に辞めていき募集を出しても集まらず閉店したとその後聞いた事があります。

 

このような事を起こさないためにまずは従業員に選ばれる職場つくりが急務となってきています。従業員に選ばれる職場といっても、何も給与が他社と比べ優遇されていたり、休日が多いといったわけではありません。

なぜなら賞与を支給されたり給与が上がった時、確かに数日はモチベーションが上がりますが1ヶ月もたてばそれが当たり前となってしまう為、金銭報酬は労働力の確保や定着という目的に対して、持続性の極めて短い興奮剤であるのです。

 

従業員満足の構成要素とは?

従業員満足の構成要素は大きくわけると、「経営理念や方針への共感」「マネジメントの適切さ」「仕事内容」「企業風土」「就業環境の快適さ」の5つがあると言われています。

 

私がアルバイトを続けれた理由は「マネジメントの適切さ」であり、続かなかった理由は「企業風土」にあったんだと感じています。

 

こういった理由で仕事が楽しく感じ継続したり、退職したりと大きく変わりますが給料がどうだったとかはあまり気にしていませんでした。

 

 

 

 

 

皆様も一度社内のES(従業員満足)を調査するためにもアンケートを取ってみるのもいいのではないでしょうか?そこから見えてくる経営課題に真剣に取り組むことが今後の人手不足を解消し企業発展の道筋にもなるかもしれませんよ。

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>