人事評価・賃金

人手不足倒産の現実と3つの対応の方向性

bOCtSREEQGotIHq1531185831_1531185932

10年位前ではほぼ聞かなかった言葉でもある「人手不足倒産」が現実で増加しています。

直近のデータ「人手不足に対する企業の動向調査(2018年4月)」(帝国データバンク、5月24日発表)によると

正社員が不足していると回答した企業は全体の49.2%を占め、1年前(2017年4月)の同調査から5.5ポイント増となった。

また、直近2018年5月の有効求人倍率(季節調整値、厚生労働省、6月30日発表)は1.60倍と、1974年1月(1.64倍)以来、44年4カ月ぶりの1.6倍台に達し、企業の人手不足を裏付けている。

との事です。

そこから読み取れる事として下記の2つにも言及があります。

「人手不足倒産」件数は調査開始(2013年1月)以降、半期ベースで最多

人手不足の深刻化で、小規模企業を中心に「人手不足倒産」が増加する恐れも

つまりは「人手不足倒産は増加の一途を辿り、それが一番インパクトとして大きいのが小規模企業であり、さらに人手不足倒産が連鎖する可能性がある」という事かと思います。

その対策について少し考えております。

 

1.働きやすい職場を創ること

劣悪な労働環境の整備が行われていない場合、離職が高まってきます。

特に、現場仕事を伴うようなアルバイト等の非正規が多い企業では要注意のことで、

多様な人材の活躍ステージを用意する必要があります。

そのために3つほどの例をご紹介します。

 働きやすい職場の3つの観点

  1.  正社員とアルバイトの雇用条件や労働条件を統一し賃金差や待遇差をなくす
  2.  労働時間の対応を増やす。(フレックスタイムや時短勤務、急な欠勤対応など)
  3.  コミュニケーションを増やし組織の風通しをよくすること

 

このような制度を作っていく場合は単なる法律知識だけでなく、

活用事例を持っている会社に相談する事がベターとなります。

 

2.評価への納得度と会社目標達成をリンクさせること

小規模企業では人事評価といってもきちんと制度がないパターンが多いでしょう。

がしかし、この評価について納得度を高める方法はあります。

その方法をご紹介します。

 評価の納得度を高める3つの基本

  1.  評価面談の実施
  2.  目標設定を一緒に行
  3.  期待を伝える

などです。

これにより評価の納得度や透明度は上がります。

基準等設けなくてもこれくらいは実施出来ますね。

 

そして何より、目標の納得度を高めるためには

会社のビジョン⇔会社の経営目標⇔部門の目標⇔個人目標

という関係性の理解の促進を行う事が重要です。

 

人事制度を作っても運用しきれていない場合や

逆に思考停止組織となってしまうパターンは

上記がうまくできていない結果です。

 

 

3.人でなくても出来る事のIT化・クラウド化促進

最後はやはり人力に頼り続ける体制から、

人がやるべき業務は業務で集中をさせつつ、

単純業務のIT化の促進が重要かと思います。

この促進を行っていく事が今後極めて重要であり、常識となっていきます。

 

まとめ

今から出来る人手不足倒産は以下の3つです。

  1.  労働環境整備
  2.  目標と評価の個人と会社のリンク
  3.  IT化・クラウド化の省力化促進

 

また余談ですが社長自らビジョンや制度の目的を伝える事はとても重要です。

 

▽合わせて読む

・歴史的な人手不足に今すべきことは何か

・人手不足倒産にならないために中小企業がやるべきこと

・【永久保存版】 中小企業が爆発的な成長を遂げる為に必要な”人材育成法”とは!?

 

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>