書評:代表竹内

人口減少日本で私たちに起きること

b3cGEwznFyqHS1p1529906410_1529906463
今の日本では、人口減少が止まらないようになってきています。
このままいけば増加はしないということです。
もしこれがそのまま続けばどうなっていくのか?
これについての未来の仮説を書かれています。

竹内的5段階評価 ★★★★★ 5

こういった未来予測的な本はあまり好きではない私が

結構読み込んでしまった1冊です。

これからますます進んでいく人口減少社会において、

どのようなことが起こりうるのか?

例えば同書では

◎伴侶に先立たれると、自宅が凶器と化す
◎亡くなる人が増えると、スズメバチに襲われる
◎東京や大阪の繁華街に、「幽霊屋敷」が出現する
◎高級タワマンが、「天空の老人ホーム」に変わる
◎80代が街を闊歩し、窓口・売り場は大混乱する
◎老後資金が貯まらず、「貧乏定年」が増大
◎オフィスが高年齢化し、若手の労働意欲が下がる
◎親が亡くなると、地方銀行がなくなる
◎若者が減ると、民主主義が崩壊する
◎ネット通販が普及し、商品が届かなくなる
◎オールド・ボーイズ・ネットワークが、定年女子を「再就職難民」にする

といったような点を紹介してますが、

本当にそうなってしまいそうな予感は大いにある。

今後を考える上でも読んでおいてもいいと思う1冊。

キーワードも多く、具体的な行動に移せるように使いたい。

 

【同書のチェックポイント】

◆少子高齢化や人口減少によって起こる大きな数字の変化の意味を想像力を豊かに働かせて、あなたの身の回りに起こる「具体的な変化」に置き換えるしかない
◆高齢社会の次には「多死社会」がやってくる
◆伴侶に先立たれると自宅が凶器と化す
高齢ドライバー、不慮の溺死、ヒートショック
◆亡くなる人が増えると、スズメバチに襲われる
所有者不明土地、相続放棄、治安の悪化
◆東京や大阪の繁華街に、「幽霊屋敷」が出現
空き家問題、修繕積立金、バブルの搭
◆高級タワマンが、「天空の老人ホーム」に変わる
民泊、外国人投資家、オールドタウン
◆これからの物件選びには建物の見た目やロケーションだけでなく、その地域の高齢化率の将来予測も重要

◆食卓から野菜が消え、健康を損なう
価格高騰、機械化の遅れ、進まない新規就農
◆小中学校の統廃合が、子供を生活習慣病にする
複数校合同チーム、糖尿病、夜更かし社会
◆80代が街を闊歩し、窓口、売り場は大混乱
高齢ドライバー、エレベーター不足、バリアフリー
◆老後の資金が貯まらず、「貧乏定年」が増大
団塊ジュニア世代、8050問題、2042問題

◆中小企業の後継者不足が、大企業を揺るがす
黒字経営の廃業、連鎖倒産、技術の海外流出

◆オフィスが高年齢化し、若手の労働意欲が下がる
モチベーションの低下、健康経営、膨らむ総人件費

◆親がなくなると、地方銀行がなくなる
遺産マネー、資産流出、地域間格差

◆東京の路線が縮み、会議に遅刻する
赤字路線、公共交通空白地域、パイロット不足

◆若者が減ると、民主主義が崩壊する
村社会、無子高齢化、移動投票所

◆ネット通販が普及し、商品が届かなくなる
救急隊員不足、買い物弱者、ドローン

◆ガソリンスタンドが消え、灯油難民が凍え死ぬ
給油所過疎地、電気自動車、ミニスタンド

◆オールドボーイズネットワークが定年女子を「再就職難民」にする
人生100年時代、女性起業家

◆高齢女性の万引きが刑務所を介護施設にする
高齢再犯者の増加、貧困おばあちゃん、認知症受刑者

◆戦略的に縮むほどポジティブな考えはない
働けるうちは働く
一人で2つ以上の仕事をこなす
ライフプランを描く
年金受給開始年齢を繰り下げ、起業する
全国転勤をなくす
テレワークを拡大する
商店街は時おり開く

 ▼合わせて読む

・大前研一 世界の潮流2018〜19 ―を読んで

・武器としてのITスキルとは?

・日本の正しい未来 世界一豊かになる条件とは

・日本に新しく出現した新階層とは?

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>