営業職

交渉することであなたも、会社も変わる…

002

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

交渉が苦手、交渉をするという意味がわからない、という方が時々おられます。

もしくは必要性が分かっていたとしても、できない、という方など。

それだけ交渉ごとに困っている方が多いようですね。

 

今回は、

「交渉があなたを変える」について

ご紹介します。

 

■人生は交渉の連続

実は、就職活動、営業、企画、企業同士のコンペ、その他
ある意味であなたがクレームを入れること、なども、交渉なのです。

なので、そもそもですが、交渉事というのは日常茶飯事に繰り広げられるわけですね。

昨日のあなたも、今日のあなたも、大なり小なり、何かを必ずやっているのです。

 

■交渉とは、決断の連続

交渉とは、日常茶飯事にあるわけですから、ある意味では、「決断の連続である」ともいう事ができます。

それは「交渉をすることを決断するかどうか」になります。

 

■決断が怖い人が多い

決断が怖い人からはこのような事をよく聞きますね。

例えばですが、

  • 「決断が出来ないのは、自信がなくて」
  • 「言うのが恥ずかしくてできない」
  • 「言う事で嫌われてしまったらどうしようと考えてしまう」
  • 「言わない事でも伝わるのではないかと思っている」

これって、ものすごく、損失が多い考え方です。

なぜかというと、「相手はそんな風には捉えない」からなのです。

 

こういうことを、非現実思考、といいます。

いらぬ不要をあなたがしてしまっているのです。

 

それにより、どれだけの損失が起こっているか考えてみて下さい。

実際あなたも、人から言われないと分からない事がほとんどではないでしょうか?

 

ここで少しだけエピソードを紹介します。

以前、私がコンサルティングで入っている会社様が、

完全な組織の不活性化、つまり、組織不全に陥ってました。

 

会社は伸び盛り、売上は増える、けど、組織は硬直化し、人はすぐ辞める。。。

なぜだろうと、ヒアリングをしていく中で見えたのが、

「経営者が適切な交渉を、古参幹部にしていなかった」という事がありました。

それをさらに深ぼっていくとこうなりました。

「創業時から頑張ってくれたから、言いづらく、本人にゆだねてしまっている」

という事でした。

 

ここには、任し方の問題もありますが、

「言うべき事を言わなかった事を放置していた」事により、問題が大きくなり、

数カ月程度では全く修復が出来ない状態になっていました。

 

もちろん回復は出来ましたが、言わない事によるムダなロスを理解頂けましたでしょうか?

 

■交渉をすると人生が切り開かれる

先ほどの内容を見てもわかるように交渉とは

「新しい何かを得るために」

行います。

 

なので、新しいものを何も求めない、現状維持というよりも、さらに荒廃を望むのであれば、いいかも知れません。

しかしながら、それだとチャンスは逃げるし、もし会社勤めしていたりしたら、

そもそもの存在意義すら疑われてしまいます。

 

なぜかというと、会社は常に、成長の種を探し、売上拡大、顧客維持に努めないと、

崩壊の道を辿るからです。

 

それだけ世の中の競争というのは激しく、また、新しい事を求められるのです。

 

なので、私たちは、「挑戦」をしないといけないし、

挑戦によって成長をすることが可能なのです。

 

だとすると、交渉をどんどんしないと、
何も新しい事は生まれないし、得られない、というのはよく理解できてきますよね?

結局話はそれだけの事になります。

 

■交渉の件数を増やしていく

社内でも顧客でも構いません。

交渉の件数を増やすことがあなたの価値を提供していることになることです。

交渉しない=価値がない、位に考えてもいいでしょう。

002

 

場数を増やし、失敗も成功からも学びとる事によってあなたはさらに成長をすることが出来てきます。

なので、まずは徹底的な「数稽古」、これが必要となってきます。

まとめ:

変化を起こしたいなら交渉せよ。

それがあなたを変える。

今日はここまで、次回をお楽しみに^^

 

 


12日間で学ぶ 営業チームを活性化させぐんぐん業績をあげる メール 講座

もしあなたが・・・

■営業に発破をかけても成果が出てこない

■営業マネジメントに限界を感じている

■自社の営業管理職が育っていない

■次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

■マネジメントがうまくいっていない

■働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

■継続的に成果をあげる組織を作りたい

で悩んでおられるようでしたら、

このメール講座で、基礎を学んでみましょう。

私が実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に

行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

 

<配信内容>

第1回 売れない営業チームの習慣とは?

第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

第11回 チームマネジメントを伝承する

 

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(は必須項目)

 

Comments

comments

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>