マーケティング

限られた予算の中で、中小企業が広告を上手く展開する方法とは

中小企業 広告

限られた予算の中で、中小企業が広告を上手く展開する方法とは

〈お客様の悩み〉

中小企業経営者です。

中小企業ではやはり大手のような広告活動は資金の面で非常に厳しいものがあります。

実際、コンサルをされている中で中小企業がうまく広告を展開していた事例などがございましたら教えて頂きたいです。

140726anxious-thumb-640x362-77889

こんにちは。

今日は「広告」についてのご質問ですね。

広告というと、極めて幅が広いですが、基本的には広告をうまく使っている会社に共通するのはこれです。

「リアル/アナログ」と「ネット/デジタル」の融合です。

その中でも中小企業では、莫大な広告予算をかけれませんよね?

なので、比較的小予算で出来る方法についてご紹介をします。

1:フェイスブック広告/インスタグラム広告の出稿

フェイスブック広告

この2つを出されて、イメージはわきますでしょうか?

「これってSNSじゃないの?」って思われたかも知れませんが、こちらでも広告が出せるのです。

詳しくは、他のサイト等に説明はゆずりますが、1クリックあたりのコストをかなり、抑える事が出来ます。

実際、弊社でも、「年間60万円程度で300万円以上の粗利」を出した事もあります。

ただし、それを行う場合に大事なのが、ランディングページ(LP)というページです。

LP自体は、10年前からもあったのですが年々、重要性が増してきているページになりますね。

こちらも、今、無料でも作れてしまうような仕組みも多数ありますので、そういうものも使ってみてはいかがでしょうか?

⇒ 無料LP作成 ペライチ https://goo.gl/Fn9zLa

ちなみにですが、2016年8月現在においては、facebook広告は、BtoB(対法人サービス)、インスタグラム広告は、BtoC(対個人サービス)が効果が出ています。

2:SNSをとにかく毎日更新する

SNS

 無料集客と顧客維持の基本は、SNSをとにかく毎日更新する事です。

あなたが経営者でSNSをやっているなら、最初は確実にやったほうがいいでしょう。

では何を掲載するのか?ですが、例えばこのようなものです。

「お客様と一緒に写る」

「自分が参加したセミナーなどを載せる」

などですが、これだけだとワンパターン化しますので時々、ご自身のプライベートの一部をアップされてもいいと思います。

また、何らかのテーマを持って「シリーズ化」し、そのシリーズに沿ったものをアップしていくのも、継続的に見て頂けるようにする秘訣です。

例えば手前味噌で恐縮ですが、弊社WSAであれば、サンプリング用のお菓子を創り、それを色んな経営者さんと一緒にアップすることを半年間続けてみたのですが、非常に反響や連絡も多く頂き、口コミも増えました。

3:youtubeの活用

youtube

例えばあなたがサービス業で、受けて頂くまでサービス品質が分からないとするとお客様からすればお願いしづらくなりますね。

そういう時は、youtubeに何らかの動画を載せておくことは有益です。

例えば、「セミナー風景」であったり、「実際のお客様の声」であったり、「サービス開発秘話」であったりなど、少しだけ裏側を見せること。

これがyoutubeの使い方ですね。

なぜyoutubeがいいか、というと、googleの子会社なので、googleで検索されても上位にきやすいことです

yahooで検索されても、結局googleの検索エンジンを使っていますから、実は、youtubeで自社へのリンクを作っておくのは非常に有益なのです。

また、弊社のお客様では、「美容師さんがヘアセットのコツを伝授してくれる」シリーズを流しておられた方もいらっしゃいますが、ワックスの効果的な使い方を、美容師さんが少しずつ教えてくれる、というものでした。

これはこれで、効果がありましたね。

4:DMチラシを手紙風にする

DMチラシ

これは、昔に流行った方法ですが、DMチラシを手紙風にして送る事です。

DMだとコストがかかりますので、ハガキ1枚で実践してみるといいです。

弊社でも、年に数回これを行いますが、多くの反響を実際頂きます。

これにはライティングスキルが問われますから、営業上手な方や、ライティング好きな方は挑戦してみて下さい。

終わりに

thank-you-note

ここであげたのは、あくまで一部ですが、効果が出ている会社は、何かの手法を徹底的にやり切っています。

そして、そこから今日上げたような手法を複合的に行っています。

それにより、費用を抑え、効果を引き上げていく、という事をしています。

あと、忘れてはいけないのが、販売促進の1つは「自社社員の教育」です。

自社社員は、社長の代弁者ですから、社員が育ってないから売れないのは,す・べ・て社長の責任です。

なので、対外的なテクニックだけでなく内部強化もしっかり行って下さい。

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>