人事評価・賃金

中小企業が大企業よりも採用で不利になる3つの理由

放置

「なぜ、中小企業は大企業以上に採用に苦戦するのか?」

 

中小企業で、採用に苦戦している会社、本当に多いです。

弊社もまた中小企業ですから、例外ではない、というのが本音ではあります。

では、少しだけ、掘り下げてみたいと思うのです。

御社が中小企業であれば、少し考える材料にしてほしいと思います。

理由①:大企業の求人の方が、中小企業より、そもそも見つけやすい

中小企業は、そもそも採用アピールが低いですので

そもそも、求職者からしてみると、見つけづらいんです。

 

これは、私が以前求人広告営業をしていた時に、本当、痛感した事です。

 

そもそも、アピールの量も質も悪いんです。

 

そのせいで、せっかくの求人予算をドブに捨ててしまったり、

全く思う様な採用が出来ていないのです。

結果、ハローワークだのみになり、より、思っているような人材応募が少なくなってしまう。

そして、どんどん採用できる幅も数も減る、なんてことになってしまうのです。

 

ですから、なんらかの手を打って頂きたい、と思います。

その中でも、こういう事を中小企業はやった方がいい事をいくつか書きます。

 

中小企業が求人でアピールすべきこと

その1:1点集中で、求人枠を上位枠にすること

経営資源のない中小企業は、資本力において大企業に負けます。

しかし、採用活動は常に、大企業との争いになります。

そうすると、アピール力で負ける中小企業は、どこかの媒体に絞り込み、

1点豪華主義で目立つ必要があります。

 小さい枠ではなく、なるべく大きな枠で出すこと。

このアピールがまずは必要です。

 

その2:中小企業だからこそあるメリットを書きまくれ

先ほどのアピール不足につながりますが、中小、ベンチャーならではの良さをうたう必要があります。

それは、多くの場合、「ポスト、役職等のチャンス」です。

こういう面のアピールを、しっかりと、しかもうるさい位書かないと、誰も魅力は持ちません。

御社の求人では書けてますか?

御社が中小企業として、用意出来ること、それは大企業にはない魅力なんです。

それを書いて下さい。

とまあ、二つほど書きましたが、こういう事です。

弱者である中小企業らしさはこういう所でアピールするわけです。

 

理由②:大企業の求人の方が、福利厚生が充実(している傾向がある)

これは多くの場合、あてはまります。

中小企業は、そういう福利厚生狙いの人は、基本的にはターゲットになりません。

ある意味捨ててしまったほうがいいんです。

それよりも、先ほど、ご紹介をしたような、「今後のポスト」や「新しい可能性、チャンス」を書く事。

そうでないと、採用後に、お互いに不幸になってしまいます。

がしかし、福利厚生がゼロ、では中々厳しいので、大企業並みの福利厚生を提供出来る、色んな仕組みもありますから、そういう制度を導入するのは、一つの考え方となるでしょう。

 

理由③:大企業の方が、中小企業より、理念やビジョンを書いている

これは残念な事に、中小企業の募集よりも、大企業の方が、

今後の目標やビジョン、任せたい仕事詳細に至るまで、しっかり書かれています。

 

これにより、求職者側からしてみれば、大企業の方がわかりやすくなってしまうのです。

 

でも、よくよく考えてみたら、中小企業のミッションステートメントや、理念の方が、

身近でワクワクする内容って多いんですよ。

 

しかし、そのアピールがないから、届いてないんです。

 

なので、御社の、経営理念や、クレドといった行動指針、大事にしている考え方なども

しっかりアピールしてほしい、と思うのです。

 

これも、なかなか求人広告には反映出来ていないものも多かったりします。

 

御社の理念は何でしょうか?

しっかりそういう所から、アピールしていきましょう。

 

まとめ 採用活動の本気度がもしかすると足りないのかも?

結局、中小企業が大企業と比べて、

採用活動が不利になるのは、中小企業の良さ、身近に感じられる良さ、が

全然伝わっていない、という事です。

 

もちろん、このあたりをしっかりと行っている中小ベンチャー企業も多数あるのは事実ですがしかし、こういう部分で損をするのは極めてもったいないです。

こういう中身作りからしっかり行い、あなたの会社にあった人材を採用してください。

当社でも、そういったご相談に乗らせて頂く事も出来ます。

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>