書評:私が気になったビジネス本をご紹介

世界のエリートが大切にしている基本とは

WSAブログ

営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

世界のエリートの働き方ってどういうものなのか?と日本にいながら感じたこともあると思います。

世界の超エリートというと、20代で年収1000万越えとか、そういう派手なイメージがありつつ、

ビジネス知識も豊富で合ったりという印象があると思います。

がしかし本当にそれだけなのでしょうか?

そういう面だけではない、と思ってしまいますよね。

WSAブログ

 

世界のエリートと聞くと、

何か特別なことを数多く実践しているのではないか

と恐縮する方もきっと多いはず。

けれども、

 

実際はどうなんでしょうか。

 

私達が心掛け一つで実践できる何かがあったりしないのか・・。

もし、真似できるものがあれば是非、実践したいですよね。

 

世界のエリートが大切にしている基本

 

盗めるところはしっかり盗んで頂ければと思います!!

では、お楽しみ下さい

どうぞ!!

 

 

本日、参考にさせて頂いた本

ダウンロード (2)

世界のエリートはなぜこの基本を大事にするのか

http://amzn.to/2hgMoAQ

 

本の内容とは

001

 

ハーバードビジネススクールから、ゴールドマンサックスそして、マッキンゼーと渡り歩いた著者が書く、ビジネスで大事にしておいたほうがいい基本を書かれています。

読んでみて思ったのが、この思考は特に真新しいものではなく、どんな職種であっても大事にすべきことだと言う事ですが、2流と1流の差は、その

 

徹底度合い

 

にある、と思います。

 

私も拙著「非エリートの思考法」という、この著者とは逆のキャリアですが、同じような内容のポイントが多いと感じた。

ビジネスの世界標準は徹底力が違う、という事がいえると思います。

 

 

世界のエリートが大切にしている基本とは

shutterstock_189045062

 

■人とのつながりを大切にする

自分磨きを一生継続する

日々の成果出しに強くこだわる

世界的な視野を常に意識する

 

■人とのつながりに投資する

相手への興味を真摯に持ち質問する

先輩上司との飲み会を避けない

 

■自分の内面と外見を磨く

エレベーターで他人を先に降ろす余裕を持つ

すみませんよりもありがとうを伝える

正解のない問題を考えるクセをつける

斬新な思いつきよりも骨太な意見を重視

 

■時間に支配されずに働く

どんな理由があろうと10分前には現地到着

 

■3秒で開ける場所に常にノートを

仕事を頼まれたらその場で完成イメージを共有

引き受けた仕事は5分間限定ですぐやる

メールへの返信スピード=あなたの評価

上司へのホウレンソウは先手必勝

ホウレンソウは仮説を入れて年押し型で

作った資料は自分の商品だと心得る

今より一つ上のポジションを意識

 

■相手の名前を覚える3つのコツ

口に出す

名前を読んで質問する

別れ際にも名前を言う

 

■空→雨→傘で脳に汗をかく

マッキンゼーのコンサルタントはso what? を5回繰り返せと言われます

ポイントは3つで思考の瞬発力を鍛える

 

 

もっと知りたい方へ

ダウンロード (2)

世界のエリートはなぜこの基本を大事にするのか

http://amzn.to/2hgMoAQ

▼合わせて読む

・エリートリーダーは経営学を使って会社を動かす・

・書評:マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか・

・ウォールストリート式年収1億円の条件・


Thank you card

Comments

comments

ウィル・スキル・アソシエイトの研修について

「外部研修なんてどこも同じだろう?ただでさえ忙しいのに。行っても意味ないよ…」


こんなお声が聞こえてきそうです。

確かに、外部研修に参加して、受講当時はモチベーションが高くなるが、それ以外に特に身に付くこともなく、時間が経てば高くなったモチベーションも、また元通りに…というような研修は多いとは思います。

つまり整理すると、

  • 「効果が一時的」

  • 「レベルが合わない」

  • 「研修もやりっぱなし(講師がしゃべりっぱなし」

  • 「自分の理解度や出来ているかどうかが不明」


という事が一般的に多いのかな?と思います。

しかし、当社は違います。

WSAではこのようなありがちな事を出来るだけ解消します


このような研修にならないよう、「フィードバックをする」「オーダーメイドを細かく行う」「双方向で行う」ということを意識した研修を行っています。

そして、出来るだけ、いつ、何を実践するかまで、考えて頂くようにしています。

他社の研修との違いは?


そして、他社の研修との最も大きな違いは、「仕事ですぐに使える」「実践できる」という内容であるということです。

例えば、営業研修であれば、「共感の取り方」「傾聴の方法」などを少人数制で、数多くのワークを交えながら身に付けて頂きます。マーケティング研修であれば、「自社の強みや得意分野の把握」、「リピーターのつくり方」、「他社との差別化の方法」などを、中小・零細企業に特化した形で伝えております。

効果につながった事例も多数あります。

 従業員に受講させたお客様(会社様)からのお声は?



  •  「売上が上がった」

  • 「会議などでの姿勢が大幅に変わった」

  • 「会社での発言の量が変わった」

  • 「仕事に対して本気になった」

  • 「従業員から、売上やコストなど、数字に関する質問が増えた」


などのお声を頂戴しております。

実際のお客様の導入事例はこちらから

 美容業界の導入事例 美容

飲食業界の導入事例 飲食

受講生の方からのお声



  • 「同業種の方との横の繋がりもできるので、良い刺激を受けることができた」

  • 「明日から仕事ですぐに活かせることを学ぶことができた」

  • 「自分の悩みに丁度フィットする内容だった」

  • 「今日使える速攻ノウハウを学べて、すぐ結果につながった」

  • 「今後の目標設定をしっかり行う事が出来て、やる気がアップした」


という感想を頂いています。

研修申込に関わらず人材育成についてのお悩みがあればお気軽にご相談下さいませ。

WSAスクール


定額制研修の WSAスクール 身に付くまで 何でも通える!気軽にできるお試し受講はこちら

 オンライン講座


オンラインで学んで頂けるようになりました。一部無料視聴も可能です。



screenshot_2016_11_15

人材育成について相談する

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>