組織活性化

世界にイノベーションを引き起こす「ファーストペンギン」

世界にイノベーションを引き起こす「ファーストペンギン」

世界にイノベーションを引き起こす「ファーストペンギン」

 

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社のコンサルタント 今吉 勝也です。

 

NHKの朝の連続テレビ小説「あさが来た」を視聴されていた方は、印象に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか? このエピソードの中で紹介された事によって広く知られるようになり話題にもなった言葉です。

 

ファーストペンギンとは?

この「「ファーストペンギン」とは、集団で行動するペンギンの群れの中から、天敵がいるかもしれないというリスクがある海へ、魚を求めて最初に飛び込む1羽のペンギンの事を指しています。

 

そもそもペンギンは、集団行動をとられる事で知られていますが、他の集団行動をとる動物とは異なり、強いボス的な存在やリーダーは存在していません。

しかし、群れに何らかの危険が迫った場合は、それをいち早く察知した1羽の後に続くことでまわりもいっしょに難を逃れます。この’最初の1羽’に従うのが彼らの集団行動の特徴です。

この習性が、普段陸上で過ごす彼らにとって、エサの魚を採るために海へ入る時にも発揮されており、’最初の1羽’が先陣を切って海へ飛び込み他のペンギンが次々と海へ入っていくのです。

 

ビジネス世界のファーストペンギンとは?

ビジネスの世界でも、今まで誰も足を踏み入れていない領域に挑むベンチャー企業の創業者や、イノベーションを引き起こすプロフェッショナルの事、この勇敢な ’最初の1羽’のように、リスクを恐れず初めての事に挑戦するベンチャー精神の持ち主を、アメリカでは敬意を込めて「ファーストペンギン」と呼ぶようになりました。

 

アメリカの学生にキャリア観を尋ねてみると最上位に「起業家」が挙がるってくるようです。これは幼い頃から「人と同じではなく、ファーストペンギンを目指しなさい」という教育が徹底されている為です。

 

現在では当たり前のように使えて豊かな生活を過ごすのに欠かせないインターネットですが、インターネットの技術が世の中に現れたばかりの頃、それが近い将来、社会を大きく変え、現在のように人々の生活になくてはならないものになると想像した人はどれくらいいたのでしょうか?

 

この時、自分を信じ、リスクをとって海に飛び込んだ「ファーストペンギン」たちが、いまや時価総額トップレベルの世界的IT企業をつくり、業界全体のイニシアティブさえ握っているのです。

 

 

 

このブログを読んで下さった方の中から次世代の「ファーストペンギン」が現れる事に期待を抱き、今回はここまでとさせて頂きます。

 

次回も楽しいで読んで頂ければ幸いです。

 

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>