組織活性化

世の中全体を良くするサステナビリティとは!!

みなさんこんにちは!!

ウィル・スキル・アソシエイトの武内です。

今回は、サステナビリティについてご紹介させていただけたらと思います。

サステナビリティとは?

サステナビリティとは、「環境や経済、社会のバランスを考え、世の中全体を持続可能な状態にしていく」考え方のことです。

「サステナビリティ」と表記しますが、日本語では「持続可能な」「持続可能性」と表現されることもあります。

企業戦略上のサステナビリティとは?

コーポレート・サステナビリティとは、「企業が事業活動を通じて、環境や経済など社会全体に対して与える影響を考えながら、長期的な運営を目指す取り組みのことです。」

環境保全や社会貢献などの活動がこれに当たるでしょう。

ボランティアにも通ずる考え方ですが、長い目で世の中全体を考えて、

自分たちだけでなく、その子どもたち、またその先にいる人々が生きていくための財産となるような経営をしよう。そのための取り組みをやっていこうという思想のことです。

CSRとの違い

サステナビリティに近い考え方に、「CSR(企業の社会的責任)」があります。

CSRとは、「企業が利益を追求するだけでなく、企業が行う活動が世の中に影響を与えることに責任を持った上で、消費者や社会全体からの要求に応えること」で、

サステナビリティという言葉が広まる以前から呼びかけられていた概念です。

CSRというと、慈善活動や寄付や募金のようなものを連想しがちでしょう。

どちらかというと優れたサービスや商品を提供することで社会的責任を果たす、

という捉え方が本来の意味に近いです。

サステナビリティの考え方

サステナビリティの考え方は、大きく次の2つに集約されます。

1,長期的視野を持つ

2,CSRはコストではない

1、長期的視野を持つ

まずは「長期的視野を持つ」という点です。

サステナビリティが一般的に普及する前、

多くの企業が短期的な利益に集中する傾向にありました。

年次決算や、半期や四半期といった短期間の利益だけを求める動きです。

しかし最近は、短期的な利益の追求は、

長い目で見るとかえって利益を損ねる,結局は成功しない

というサステナビリティに通ずる考え方が一般的になりつつあります。

、CSRはコストではない

もう一つの「CSRはコストではない」は、特に海外企業では一般的な考え方になっています。日本企業では「CSRはコストだ」と考えられることが多いですが、海外では「社会・環境への価値提供は将来的な利益になり得る」という考え方が広まっているようです。

いかがでしたでしょうか?

こういった視点で事業活動していくことによって、

より事業が発展していくかもしれません。

参考にしていただけると幸いです。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください