書評:私が気になったビジネス本をご紹介

一流企業の昇格試験に使われているインバスケットトレーニングとは!?

4109Kcu+mFL._SX309_BO1,204,203,200_

経営判断をくだせ、しかも○日以内に

とあなたは言われたらどうしますか?

これはかなり悩むのではないでしょうか?

なぜ悩むかというと、経験、体験、知識が圧倒的に不足しているからです。

しかし、これは場数を踏む事で鍛える事もできます。

 

そこで、本日はインバスケットトレーニングについての本を

紹介したいと思います(^^)

 

インバスケットとは?

限られた情報を元に判断を下す力を試す

バーチャルビジネスゲームとして話題の「インバスケット」。

一流企業の昇進試験にも多く採用されています。

今回、このインバスケット能力をトレーニングできる本ということで

非常に興味があってついつい一気に読んでしまいました(笑)

 

では、皆さんにも紹介していきたいと思います。

どうぞ!!

4109Kcu+mFL._SX309_BO1,204,203,200_

 

一瞬で正しい判断ができる インバスケット実践トレーニング

鳥原隆志  (著)

http://amzn.to/2hgZzS2

 


 

 私の5段階評価 ★★★★☆ 4

インバスケットトレーニングをするための本です。

4択なので回答を出しやすいのが特徴的でした。

同書にもあるように、

「優先順位設定力、問題発見力、問題分析力、創造力、意思決定能力、洞察力、

組織活用力、当事者意識、ヒューマンスキル─現場で求められる9つの力を好きな時間に好きなだけ磨く。」

確かに同書であれば、やりやすいなと感じました。

重要度、緊急度から何が大事かを見極め、

回答を選んでいくことは非常に重要だと思います。

 


 

<竹内的本書のポイント>

 

■限られた時間でより成果を出す

■インバスケットとはそのインバスケットに入った多くの案件を限られた時間でより精度高く処理する

■知っていると使えるは違う

■結果が良くても結果に至るまでのプロセスに問題があるとインバスケット的にはNO

■緊急度が高い案件を私たちは優先度が高いと誤解しています

■失敗する優先順位をつける

■問題の原因をたどることにより本質的な問題点にたどり着くことができる

■達成したことを認めた上で新しい目標を設定し、それに向かって努力させることで、能力の育成を図る

■本質的な問題発見は重要なのですが、表面的な問題も対処が必要であり、短期的な問題発見と中長期的な問題発見が大事

■問題は現在起きている事象であり課題はその事象を分析した上でのあるべき姿を設定しそれに近づけるための意思の入ったもの

■大事なのは仮説を立てた後にそれを立証する情報を集める

■情報収集は量を集めることではなく、質を求めることも大事

■インバスケットの意思決定の材料とするべき情報は定量情報

■問題分析では足して100になるという分析が原則

■これまでの経緯をリセットしこの計画を中止するという判断も管理者としての仕事

■1つの事象だけで判断せずいくつかの事象を掛け合わせて考えると無数のアイデアが出る

■枠組みを外して様々な視点で考えて判断する

■良い判断ができる人はさらに報酬があがる。これは当たり前の原理です。

■知ると発揮する、または応用するは大きく違うのです。

 


 

4109Kcu+mFL._SX309_BO1,204,203,200_

一瞬で正しい判断ができる インバスケット実践トレーニング

鳥原隆志  (著)

http://amzn.to/2hgZzS2

 


 

 

私の書評では、営業、コミュニケーション、接客、リーダーシップ、

マーケティング、経営、マネジメントなど

人間関係や売上向上に特化してご紹介しています^^

 

(ときどき違うジャンルも紹介していますが)

 

ぜひ毎日ご参考にして頂けると嬉しいです☆

今日もありがとうございました。

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>