組織活性化

ワーク・ライフ・バランス。その先は?

ワーク・ライフ・バランス。

その先は?

 

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社のコンサルタント森田です。

今回も、みなさんのマネジメントのお役に立つ知識を、ご紹介させて頂きます。

 

皆さんは、最近、新聞やニュースを賑やかしている「ワーク・ライフ・バランス」という言葉をご存知ですか?

 

大まかな意味は、捉えることが出来ていても、「ワーク・ライフ・バランス」を成立させることが出来ていますよ、と言う方は、そんなに多くないのでは?

と勝手ながら、感じております。

 

「ワーク・ライフ・バランスとは?」

 

ワーク・ライフ・バランスとは、仕事と生活の調和という意味です。

 

2007年に内閣府が中心となって策定した「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」では、仕事におけるやりがいや充実感と、生活におけるクオリティ・オブ・ライフの向上を両立させることを目指しています。

ワーク・ライフ・バランスでは特に、子育て期や中高年期といった人生の各段階に応じた多様な生き方が選択・実現できる社会を目指しています。

 

 

仕事と生活の調和の(ワーク・ライフ・バランス)憲章

 

区分①就労による経済的自立が可能な社会

ポイント

・積極的な能力開発

・パートから正規雇用などへの移行

 

区分②健康で豊かな生活のための時間の確保

ポイント

・長時間労働の抑制や年次有給休暇の消化(数値目標) 有給休暇の取得率改善

 

区分③多様な働き方・生き方の選択

ポイント

・育児・介護休業、短時間勤務、在宅勤務、テレワーク(数値目標) 男性の育児休業取得率改善

(一発合格!ビジネスマネージャー検定試験 要点マスター&問題集 より抜粋)

 

「ワーク・ライフ・バランス 導入のメリットは?」

 

これらのことは、何も労働者サイドだけが得をしよう、という話ではありません。

 

ワーク・ライフ・バランスが実現することで、企業にとっても、生産性の向上や、優秀な人材の確保が見込めるようになるので、しっかりとメリットがあるのです。

 

「ワーク・ライフ・バランス 導入のデメリットは?」

 

しかし、だからと言って、簡単に軽はずみに導入できるものではありません。

 

気をつけなければいけないのは、施策の1人歩きです。

 

例えば、「長時間労働を減らす」という目的のために「ノー残業デー」を設定したとしても、早く帰ることが目的になり、生産性が落ちてしまうと、本末転倒です。

 

なので、まず社内でヒアリングを実施するなどして現状を把握し、定期的な振り返りを実施して改善を繰り返し浸透させる事が重要になります。

 

そして、当然、人事制度や評価制度との整合性をとる必要があります。

 

「ワーク・ライフ・バランス。その先は?

 

最近では、この「ワーク・ライフ・バランス」を一歩進めた「ワーク・アズ・ライフ」と言う様な言葉、考え方も出てきています。

 

「ワーク・ライフ・バランス」とは、仕事と生活を両立させるという考え方ですが

「ワーク・アズ・ライフ」とは、人生として仕事に取り組むという考え方です。

 

私も、仕事と、生活(プライベート)を縦分ける「ワーク・ライフ・バランス」より、自分の仕事も人生も楽しむ「ワーク・アズ・ライフ」の方が、しっくり来る気がしてます。

 

 

「ワーク・アズ・ライフを迎えるために」

 

ただ「ワーク・アズ・ライフ」として捉えようとする際には、仕事も、人生も、しっかり見つめる必要があると思われますが

皆さんは、この根源的な問いに、取り組まれてますか?

 

 

では、今回は、この辺りまでです。

次回も、みなさんのマネジメントのお役に立つ知識を、ご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください