マーケティング

マーケティングを学んでも成果が出ない方

まとめ

最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き

マーケティングを学ぶ人は増えている。

それは、MBAかも知れませんし、はたまた集客の研修かも知れません。

がしかし、学んで実践出来ない事は多いと思います。

また、広告の効果が急に下がった、とか、いつものリスティング広告が全然ダメになった、

という話もよく聞きます。

そういう方におすすめの本であると思います。

 

最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き

私の5段階評価 ★★★★★ 5

同書は、マーケティング戦術としてのコピーライティング力強化のための書です。

同書を読むと、よくよくわかってくるのが、「事例が豊富」であり、「真似をしやすいこと」です。

マーケティングというと、戦略思考の方を思い浮かべる事は多いと思いますが、

中小零細企業では、戦略から戦術にすぐ移行しないと、成果は出ない。

その戦略から戦術への移行をスムーズに行えるのが、同書だと思います。

もちろんテクニック論が多いのですが、次を読ませたり、興味付けをしたりする工夫や原理原則がちりばめられています。

基本からしっかり学びたい方には非常にお得な内容となっています。

 

心にも、頭にも残しておきたいフレーズ

◆いきなり書くな、まず「戦略」を考えよ

◆ターゲット×提供価値を徹底的に考えよ
◆「新情報訴求」8つの型
「ご紹介」で始める
「発表」で始める
「発表のニュアンス」がある言葉を使う
「新」で始める
「いま、さあ、ついに」で始める
「とうとう、いよいよ」で始める
「日付や年」を入れる
「ニュースネタ風」にする
新商品、キャンペーン、イベントが最適
従来商品やロングセラーには向かない
季語、ベネフィット、タイミング

◆「価格訴求」の最強キャッチコピー5つの型
「価格」をメインにする
「割引価格」をメインにする
「特価品」をメインにする
「支払いの簡単さ」をメインにする
「無料提供」をメインにする
入口商品が最適
ブランド品には向かない
数字、メリハリ、赤

◆「情報・エピソード訴求」の最強キャッチコピー2つの型
「役に立つ情報」を提供する
「エピソード」を伝える

悩み解決商品が最適
実績がない新商品には向かない
天と地のギャップ、短い期間

◆「キーワード訴求」の最強キャッチコピー「10の型」
「する方法」とする
「どうやって、このように、どうして」とする
「理由、なぜ」を入れる
「どれ、どの、このような」を入れる
「他に誰か」を入れる
「求む」を入れる
「これ、この」で始める
理由の「~だから」を入れる
仮定の「もし~なら、もし~しても」を入れる

「アドバイス」という言葉を入れる

筆が進まないときは「先にキーワードを設定」する

「理由、なぜ」は万能選手
ask問う、answer答える、action行動させる

◆「その他訴求」の最強キャッチコピー10の型
「証言スタイル」にする
「読み手を試す質問」をする
「1ワード見出し」にする
「2ワード見出し」にする
「3ワード見出し」にする
「いまはまだ買わない」ように伝える
広告主から相手に「直接」語りかける
「特定の個人やグループ」に呼びかける
「質問形式」にする
ベネフィットを「事実と数字」で伝える

特定の個人やグループは効果抜群
全員に刺さるキャッチコピーはない
年齢軸

キャッチコピーが一番重要
検証済二大法則は「相手の得」と「新情報」
マネして、入れ替え、自分ゴト化する

◆セールスレターの6フレーム
書き出し 好奇心をそそって続きを読ませる
描写や説明 提案するものをイキイキと描写する
動機や理由づけ 相手にとってどう役立つかを説得する
保証や証明 信頼性を証拠だて、信頼を得る
決め手の一言や不利益 不安な気持ちにさせただちに行動させる
結び いますぐ行動しやすくさせる

◆2つのテスト項目
見出し(キャッチコピー
オファー

 

▼合わせて読む

「マーケティング」を読んで要点をまとめてみました。

「小が大を超えるマーケティングの法則」を読んでみて

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>