リスクマネジメント

ベンチャー企業に必要不可欠!マネジメント・システムとは?

ベンチャー企業に必要不可欠!マネジメント・システムとは?

ベンチャー企業に必要不可欠!

マネジメント・システムとは?

 

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社のコンサルタント 今吉 勝也です。

 

「マネジメント・システム」とは?

「マネジメント・システム」ってご存知ですか?

もちろんご存じの方もいらっしゃると思いますが、今回ご紹介させていただく「マネジメント・システム(管理システム)」とは、ベンチャー企業運営されている、またはこれから起業しようとされている方には是非知っていただきたいマネジメントの制度や仕組み全般を指すもので、人事や経理、管理会計のシステムや組織の意思決定に関する仕組みであったり、計画策定のプロセスの総称です。

 

何故そんなものが必要なのか?ベンチャー企業は常に様々な社内の資源が不足している状況が多く、特に人的資源であったり意思決定のための時間が足りていない事が多いとされています。それは、他の最優先でやらなければならない事にとらわれ優先順位が下がっているからです。もちろんしなければ(構築しなければ)ならない事はわかっているけどそこまで時間がない。と、いう状況ですね。

だからこそ少ない投資資源で、組織コントロールを実現し効率性を上げていく事が課題でもあります。

現在はITも発達し、成果を迅速にあげ仕組みを作りやすくはなってきているものの、そこには至っていないという方も多いのではないでしょうか?

 

KPI(Key PerformanceIndicator:重要業績指標)とは ?

マネジメント・システムを考える際に重要なものがあります。それはKPI(Key Performance Indicator:重要業績指標)と呼ばれているもので、これはビジネスモデルの成否を判断するうえで重要となる指標のことです。

どんなものがあるかというと、売上高やユーザー数などの生のデータそのものであったり、客単価やクリック率のようにデータを加工して指標にすることもあります。

今の例は営業上でのKPIですが、他にも稼働率や離職率といった管理系のKPIもあります。

何をKPIにするかは今の自社の置かれている状況で変わってくるので、環境要因をしっかりと見極めていく必要があります。

ここでしっかりと見極めて考え抜いたKPIがいくつか出来てくると企業競争の強みにもなってきます。

 

自社をより成長させたければ目標とする企業をイメージしてKPIを設定してみたり、自社ビジネスに沿ったものを考えれば、何を重点的に管理するべきかが見えてきたりします。ここまでのマネジメント・システムは創業期に構築していき運用する事で自社の発展に繋がるので是非、皆さんも考えてみていかがでしょうか?

次に自社が成長期に入ればマネジメント・システムの内容も変化させ、会計や税務、労務といったものも管理していく必要が不可欠です。

しかし、ここで注意しておきたい点として、管理志向を強くし過ぎるとベンチャーとしてのスピード感や積極的な姿勢が失われる事にもなるので、ベンチャー企業としての良いところをどのように残していくかが大きな課題ともなってきます。

 

多くのベンチャー企業で取り入れている事としてご紹介させてもらうと、小さなチームを作り、マネージャーやチームリーダーと呼ばれる層にある程度の権限を与え、その上長のもとでPDCAのサイクルを素早く回していき解決に向かうという方法があります。

 

 

 

マネジメント・システムと言っても様々あり、自社の状況に応じて変化させていく事でより効率的に成長を促せるものとなるので、御社の更なる発展の為に、一度考えてみる時間を作ってみてはいかがでしょうか?

Comments

comments

無料相談随時受付中

事業をしていく中で、「ヒト」という資源は、非常に重要ですね。

でも、会社では多くの問題を抱えるケースがあります。その一例を申し上げると、

  • 「従業員に教育など色々やっているが、教えても成長してくれない」

  • 「2番手部下がいない、育てたいけどどうしたらいいか」

  • 「管理職にもっと幹部意識を持たせたいけどどうしたらいいか」

  • これからの組織作りするけどどうすればいいかわからない」

  • 「組織に問題が多すぎてどうしたらいいかわからない」

  • 「助成金ってどんな制度があるのか」

  • 「当社で活用出来る助成金制度はあるのか」

  • 「助成金がいくら位もらえるのか試算をし人材採用や育成計画を作りたいがノウハウがない」


など、他に沢山あるでしょう。

疑問に思っておられる点がございましたら、お気軽に無料相談を活用下さい。

上記のような問題は、諦めるためにあるわけではありません。

むしろ、「解決するため」に存在していますから、「解決される」ためにあるとも言えます。

ほんの些細なご相談から、一緒に解決を図っていったことも多いです。

私たちは、中小企業のサポーターとして、お客様の課題解決に真剣に向き合っていますので、

お力になれる部分もあると思います。

 
ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

今すぐ無料で相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>