マーケティング

プロモーションを行うに必ず押さえておきたい 5つのポイント

poinnto

プロモーションを行うに必ず押さえておきたい

5つのポイント

 

みなさん、こんにちは。ウィル・スキル・アソシエイト 前原です。

今回はプロモーションを行う前に押さえて起きたい5つのポイント、AIDMAについてお話します。

 

・そもそもAIDMAとは

AIDMA(アイドマ)の法則とは、Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)の頭文字をとった言葉です。

認知段階 Attention(注意)
感情段階 Interest(関心)
Desire(欲求)
Memory(記憶)
行動段階 Action(行動)

これは消費者の購買に至るまでの心理的プロセスのことで、もう少し具体的にあげると消費者が商品やサービスを知り、買うまでに至るまでの心理・行動プロセスです。

この法則は1920年代に、アメリカのサミュエル・ローランド・ホール氏が提唱した「消費行動」の仮説です。

年代だけを見ると古いモデルですが、消費者の心理行動は変わらないので、現在でも消費者行動を考える上での基本として使うことができます。

 

 

AIDAMAの目的

マーケティングは本来、消費者の「心をつかむ」ための活動です。効果的なプロモーションを策定する際には、ターゲットとなる消費者の心理を考える必要があります。

AIDMAを参考に心理行動を考えることで、消費者の位置付けを分析し、それぞれの状況に合わせて適切なプロモーション方法が実施しやすくなります。

 

・注意点

AIDMAは消費者視点の心理的プロセスです。マーケティング戦略に活かすには視点を売り手側に移し、「認知段階」「感情段階」「行動段階」の3つの段階それぞれで目標を明確にし、適した方法を考えることが大切です。

 

・派生

なお、近年では、インターネットが普及を踏まえ、従来のモデルに「検索・共有」というプロセスが加わった、AISAS(アイサス)AISCEAS(アイセアス)といったモデルも提唱されています。消費者の対象がインターネットを使う場合、より有効かもしれません。

 

 

・おわりに

プロモーションではセグメントを意識するだけでなく、消費者の段階ごとでの心理行動に合わせることが重要です。AIDMAを意識したものか再度見つめ直して、より効果的なプロモーションを行うきっかけにしてみてください。

 

Comments

comments

求人応募はこちからから

WSAの求人ご応募については以下リンクより、応募フォームへからお願い致します。

インターンシップ、コンサルタント(社員)、管理職候補まで求人随時募集しております。

※最近、こちらの応募フォームより、営業活動をされる方が時々いらっしゃいます。

こちらは応募専用ですので、電話等でのご案内を宜しくお願い致します。

求人に今すぐ応募する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>