書評:代表竹内

ブロックチェーンとは一体どういうものか?

9tMlgV1NyWxp3hD1510540320_1510540394
ビットコイン、仮想通貨という言葉を聞かない日が
逆に少なくなってきた昨今です。
言葉だけ先行して、肝心のコア技術であるブロックチェーン技術なども理解の浅いままという事もあるでしょう。
かくいう私もその一人なので、理解を進めるつもりで読みました。

竹内的5段階評価 ★★★★☆ 4

ビットコイン・仮想通貨やその核の技術であるブロックチェーンを
基本からわかりやすく解説しています。
ブロックチェーン技術は、破壊的なイノベーションを巻き起こす可能性があると同書で書かれていることも
知識を得ると「本当にありえるだろう」と思ってしまいます。
今現在のトレンドを深く理解するために欠かせない書だと思います。
ただし中には暗号化技術などITの基礎をかじってる人でないと
わからない部分もあるためある程度の基礎力は必要な書ではあります。
例えば「ハッシュ関数」とか「暗号化の仕組み」などです。
逆にいえばそれが参入障壁いなってくる業界かなと思います。

【同書のチェックポイント】

◆ブロックチェーンの大きな特徴としては、改ざんが非常に困難であること、中央管理者がおらず複数でネットワークを維持する

◆ブロックチェーンによってIOTは真価を発揮するとも言われている

◆ブロックチェーンは分散型取引台帳とも呼ばれるとおり「すべての取引が記録された仮想的な台帳」

◆あるブロックのデータを変更するとその後のブロックすべてのハッシュ値が変わってしまうのです。それぞれのブロックのデータが相互に作用し連鎖した構造となっているためブロックチェーンという名前の由来になった

◆ブロックチェーンのブロックサイズはひとつひとつが1MGと決まっており、ブロックに入る取引データ量に限界があります

◆スマートプロパティとは、ブロックチェーン上で所有権が明らかであり、不正や中央管理者の存在なく所有者の意思によって移転可能な資産

◆サプライチェーンの各工程(日付、事業者、価格、位置情報、商品の状態など)をブロックチェーンに記録していくことでプロセスの透明化を図れるでしょう

 ▼合わせて読む

・AIに置き換えられない人材になるために必要なこと・

・AIに置き換えられない代替不可能性を身につける・

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>