書評:私が気になったビジネス本をご紹介

リーダーのためファシリテーションスキル

WSAブログ

こんにちは!!

本日、ご紹介させて頂きます内容は

 

リーダーのためのファシリテーションスキル

141028_leader-thumb-640x360-80747

 

についてです。

ファシリテーション(英: Facilitation)は、会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。(ウィキペディア)

正直、ファシリテーション能力がないとリーダーは務まらないと思います。

それほど、リーダーとして”必須”と考えられるファシリテーション能力について

今回ご紹介させて頂きます。

ぜひ、お役立て下さい。

 

では、さっそくどうぞ。

 


 

参考にした書籍

ダウンロード (48)

リーダーのための! ファシリテーションスキル

谷 益美  (著)

http://amzn.to/2huO2wS


本の内容とは

001

ファシリテーションについて非常にわかりやすく、リーダーになったばかりの方でも理解できるようになっている。

例えば同書では、ファシリテーションとは

「引き出してまとめること」と定義しているが、全くその通りで、

一方的に何かを言われ続けるような会議はあまり意味がなく、対話型になる必要があり、それをスキルとして紹介しているのが、同書です。

 

実際、ファシリテーションをするためには、褒めたり認める、といった事はもちろん、話を聞く、そして単に聴くだけではなく、聴きだし共感を示し、

全員が参加していて楽しい、という空気を創り出す必要があると思いますが、

同書はそこにも触れています。

また、4つのソーシャルスタイル、4つの人格や行動パターンを紹介されているのもキャッチ─でいいと思います。

 


 

リーダーのためファシリテーションスキルとは

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

 

■対話を促す。それがファシリテーション

引き出してまとめる。たったこれだけ

 

■ファシリテーティブリーダーになるための12の質問リスト

・メンバーに何をすべきか、何を期待しているのかを伝えている

・チームが仕事を適切に遂行するために必要な材料や道具を整えている

・メンバーそれぞれに毎日最高の仕事をする機会を与えている

・この一週間のうちにメンバーの仕事の成果を認めたり誉めたりした

・メンバーを一人の人間てして気にかけていることを伝えている

・メンバーの成長を応援し後押ししている

・メンバーの意見を聞き尊重している

・会社のミッション、目的のためにメンバーの仕事が重要だと伝えている

・メンバーの仕事ぶりを把握しクオリティの高い仕事をするよう促している

・チームメンバーの人間関係を把握している

・この6ヶ月のうちメンバーの進歩について話す機会をもった

・この一年のうちにメンバーが仕事について学びから成長する機会をもった

 

■大切なのは個別対応

 

■ファシリテーティブリーダーが意識して活用するのは相手のための質問

レベル1イエスノー型質問

レベル2選択型質問 which

レベル3情報限定型質問 who where when

レベル4自由回答型質問 What how

 

ちなみに君はどうしたらいいと思っている?

具体的には?

他には?

 

■呼んだ理由を伝えよう。メンバーの参加意識を高める。

 

■みんな違ってみんないい。4つのソーシャルスタイル

 

・タイプ1ドライビング

自己主張 高 感情表出 低

丸投げ大好き。黙って俺についてこい

生まれついてのリーダー傾向

具体的には教えてほしい

 

・タイプ2エクスプレッシブ

自己主張高 感情表出高

楽しくいこうぜ!みんな盛り上がってる?

引き出すコツはいいね!

どう思いますか!

 

・タイプ3エミアブル

自己主張低 感情表出高

平和が一番。皆さんのお陰です。縁の下の力持ち。

引き出すコツはいつもありがとう

 

・タイプ4アナリティカル

自己主張低 感情表出 低

正確さを大切に。調べてからお返事します。

職人、技術者、研究者。

引き出すコツは今度の会議までにまとめといて。

 


 もっとファシリテーションを学びたい方へ

ダウンロード (48)

リーダーのための! ファシリテーションスキル

谷 益美  (著)

http://amzn.to/2huO2wS

▼合わせて読む

・99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ・

・初めて部下を持つ人のためのリーダーシップ10のルール・

・新1分間リーダーシップ・ 

Comments

comments

ウィル・スキル・アソシエイトの研修について

「外部研修なんてどこも同じだろう?ただでさえ忙しいのに。行っても意味ないよ…」


こんなお声が聞こえてきそうです。

確かに、外部研修に参加して、受講当時はモチベーションが高くなるが、それ以外に特に身に付くこともなく、時間が経てば高くなったモチベーションも、また元通りに…というような研修は多いとは思います。

つまり整理すると、

  • 「効果が一時的」

  • 「レベルが合わない」

  • 「研修もやりっぱなし(講師がしゃべりっぱなし」

  • 「自分の理解度や出来ているかどうかが不明」


という事が一般的に多いのかな?と思います。

しかし、当社は違います。

WSAではこのようなありがちな事を出来るだけ解消します


このような研修にならないよう、「フィードバックをする」「オーダーメイドを細かく行う」「双方向で行う」ということを意識した研修を行っています。

そして、出来るだけ、いつ、何を実践するかまで、考えて頂くようにしています。

他社の研修との違いは?


そして、他社の研修との最も大きな違いは、「仕事ですぐに使える」「実践できる」という内容であるということです。

例えば、営業研修であれば、「共感の取り方」「傾聴の方法」などを少人数制で、数多くのワークを交えながら身に付けて頂きます。マーケティング研修であれば、「自社の強みや得意分野の把握」、「リピーターのつくり方」、「他社との差別化の方法」などを、中小・零細企業に特化した形で伝えております。

効果につながった事例も多数あります。

 従業員に受講させたお客様(会社様)からのお声は?



  •  「売上が上がった」

  • 「会議などでの姿勢が大幅に変わった」

  • 「会社での発言の量が変わった」

  • 「仕事に対して本気になった」

  • 「従業員から、売上やコストなど、数字に関する質問が増えた」


などのお声を頂戴しております。

実際のお客様の導入事例はこちらから

 美容業界の導入事例 美容

飲食業界の導入事例 飲食

受講生の方からのお声



  • 「同業種の方との横の繋がりもできるので、良い刺激を受けることができた」

  • 「明日から仕事ですぐに活かせることを学ぶことができた」

  • 「自分の悩みに丁度フィットする内容だった」

  • 「今日使える速攻ノウハウを学べて、すぐ結果につながった」

  • 「今後の目標設定をしっかり行う事が出来て、やる気がアップした」


という感想を頂いています。

研修申込に関わらず人材育成についてのお悩みがあればお気軽にご相談下さいませ。

WSAスクール


定額制研修の WSAスクール 身に付くまで 何でも通える!気軽にできるお試し受講はこちら

 オンライン講座


オンラインで学んで頂けるようになりました。一部無料視聴も可能です。



screenshot_2016_11_15

人材育成について相談する

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>