管理職

イマドキのビジネスマネジャーに求められる4つの資質まとめ

ビジネスマネジャー 素質

イマドキのビジネスマネジャーに求められる4つの資質まとめ

営業組織コンサルタント 竹内慎也

人材離職が高まる中、どんなマネジャーが会社にいるか、 どんなマネジメントを行うかによって、 人材定着率が高まったり、下がったりもします。

そして、昔のような右肩上がりの成長の中で築かれたスキルやノウハウも 一部通用しなくなってきています。

では、イマドキのビジネスマネジャー、管理職や経営幹部には、どのような資質やスキルが 求められるのでしょうか?

これについて、少しまとめてみました。

今回は「資質」について書きますが、また別で「知識」についてもご紹介をしていきます。

Contents

1:役割認識と心構えはありますか?

2:自分、ヒト、組織マネジメントの観点

3:人材育成をしっかり行えますか?

4:組織、チームというマクロを理解していますか?

まとめ

1:役割認識と心構えはありますか?

ポテンシャル

まず、自分の役割は何でしょうか?

ミドルの役割、トップの役割など、会社の規模によって様々でしょうが、 まず、何をどうするのが役割なのか、はっきりしていない方が多いです

基本的には、世の中の流れに対応をしていかないといけません。

基本的には次の5つがポイントになるでしょう。

  1. 方針、目標の共有
  2. 戦略実行
  3. モチベーション最大化
  4. 人材育成
  5. リスクマネジメント

となります。

これらを適切に行っていく事が役割です。

そして、心構えは、簡単にいえばこうなります。

目標を達成する。そのために人を育てる事に全力を尽くす」 そのコミットメントがあるでしょうか?

まずはそこが入口だという事です。

2:自分、ヒト、組織マネジメントの観点

視点

1)あなた自身をどれだけセルフマネジメントしていますか?

ビジネスマネジャーは「見られる立場の人」となりますから、 視点を意識しなければ、なりません。

そのためには、失敗しても学ぶ姿勢や、うまくいっているパターンをすぐ真似るといった 学習姿勢が何よりも大事となります。

そして、次にはヒトのマネジメントです。

ヒトのマネジメントには、コミュニケーション力がないと、いけません

そのためには、「聴く力」を高めることに加え、適切に「伝える力」これを双方向的に 鍛えていくことが重要となります。

また、あなたの特性に気付かなければ、コミュニケーション力はつきません。

あなたはまず、自分のタイプがどんなタイプなのかを把握していますか?

こういった特性判断は非常に沢山あります。

有名な所でいえば、Disc理論やコミュニケーションタイプ等です。

2)部下をマネジメント出来ていますか?

次には、部下をマネジメント出来ているのかどうか?という所があります。

そのためには、まずは「部下との信頼関係の醸成」が出来ているのかどうなのか?がまず重要です。

なぜかというと、あなたは仕事を「任せていく」立場となります。

そうなると、信頼がなければ任せる事は出来ませんし、 信頼関係がないと、任せてもうまくいかないのです。

次に、指示についてです。

あなたが仕事をやってもらおうと思っているとしたら、 部下に、どう指示を出していますか?

指示は、やはり「誰が聞いてもできる」という観点が必要なので、具体的で適切な指示が必要でしょう。

そして、リーダーシップの発揮がさらに重要なポイントとなります。

リーダーシップは、時に、言っている内容そのものが矛盾するという宿命を持っています。

なので、ある時は「強制力」が必要となり、ある時は「自主性に任せる」という時も必要となります。

そういうやりとりをしつつ、適切な目標設定を行い、部下のモチベーションに火をつけられる存在。

それを目指して欲しいと思いますね。

3)上司(または外部)のマネジメントは出来ていますか?

こちらは、まず「ボスマネジメント」や、「フォロワーシップ」と言われる分野ですが、 リーダーシップばかり重視せず、上司とのコミュニケーションにより、上司の仕事をやりやすくする、という観点です。

上司は、ビジネスにおいて論理的判断をしないといけない場面ばかりです。

なので、最もそのことで必要なのが、「報告相談は速攻。悪い報告ほど早く上げる。」という事です。

これは外部とのコミュニケーションでも同じで、「ホウレンソウ」は非常に重要です。

それはなぜか?というと当たり前になりますが、普段近くにいないため、情報共有を電話やメール等で複数回行わないと、何が何かわからなくなるのです。

また、これが交渉事になった場合はどうなのか?というと、 基本的にはこの原則でいいかと思いますが、 「ギブアンドテイク」の原則が、まず重要でしょう。

そして、さらにはこちらです。 ビジネスというのは本来、取引が成立したらすべて「ウィンウィン」になっていくこと。

そういった提案をしていくことが重要になります。

これが、自分、ヒト、組織のマネジメントと言えます。

3:人材育成をしっかり行えますか?

職場

やはり、ビジネスマネジャーとしての力量は、「人材を育てられるかどうか」にかかっているといってもいいと思います。

人材を育てる事は、自分自身の成長にもなります。

そして、組織全体の活性化にもつながります。 そこで働く人のモチベーションに火をつける効果もあります。

そのためにも、人材育成を行っていかないといけません。

主な手法としては以下がありますね。

1)コーチングとティーチングを使い分ける

コーチングの詳しい話は、後に譲るとします。

コーチングとは、簡単にいえば、本人に気付きをあたえ、自発的に答えを見つけて行動させる効果を出す手法です。

つまり、「自分で考え、行動を模索し、実行できる」ヒトを育てる方法です。

ティーチングは、わかりやすく、再現性があるように教える事です。 この2つを柱として指導スキルを持っていないといけません。

2)自己啓発、OFF-JT、OJT

自己啓発は本人が自主的に行うものであり、OFF-JTは、職場を離れて座学で知識を学んだり 方法、ノウハウについて学習をする場でもあります。

最近では、実践思考力を鍛えるために、ケーススタディーと言われる、事例問題を考えたり、 グループディスカッションにより、学びを深める事も一般的になってきました。

OJTとは、これは日本企業が得意にしてきた、人材育成手法になります。

仕事を通じて学ばせる、業務のやり方を学ばせるというやり方になります。

この注意点は、指導者のレベル、力量によって効果が絶大に変わってしまうため、 中小企業では満足なOJTが出来ていない事が非常に多いのです。

3)メンター、キャリアコンサルティング

メンター制度は、新人を育てるために、先輩社員を1人つけて、業務の事に加えて、非公式な部分までの 指導を行っていく制度で、今着目されている手法の1つでしょう。

さらには、キャリアコンサルティングという、カウンセリング手法を取り入れて、 今うまくいってない状態や、今後やっていくべきことについての「自己理解」を深め、前に進む一歩を歩ませていく 手法が、今後活発になっていこうとしています。

この2つは特に昨今、導入が増えていますので、検討されるのも宜しいかと思います。

4)人事評価

最後に人事評価制度です。

中小企業では、あまり作成されたり、導入しているケースも少なく、 仮に作成していても、運用が出来ていないケースが多いですね。

ただし、最近は評価制度の導入が増えてきています。 なので、評価を実施したりする、評価者のスキルが、ビジネスマネジャーには求められます。

例えばですが、「寛大化傾向」「ハロー効果」などといった心理効果に影響を受けすぎないように気を配ることによって 部下を適正に評価しなければいけないのです。

最近では、上司→部下、という評価の構図ではなく、複数人数によって、人事評価を行っていく「360度評価」という評価の付け方を 行っている会社もあります。

人事評価についても、より深い理解が求められてきています。

4:組織、チームというマクロを理解していますか?

氷河期世代

先ほどまでは、「ヒト」を見る、いわば、ミクロ視点によるマネジメント知識や資質を書きました。

次は、組織やチーム、についての理解についてです。

それはなぜか?というと、ヒトと同じで、組織やチームも「生き物」なのです

ヒトの一生が、誕生→成長→成熟→衰退 という流れを取るのと同じで 組織もそういうライフサイクルを描くものなのです。

1)売上が悪い会社はチームワークも悪い事が多い

会社は、ヒトが集まって、組織体を作り、チームを形成し、仕事をしています。

このチーム、組織の仲が悪かったり、連携が弱い場合は、会社の売上に直結します。

そして、売上が悪くなるから、余計に組織の雰囲気が悪くなり、コミュニケーションがとげとげしくなる、 という様な負のスパイラルを描いてしまうことも、少なくありません。

なので、チームビルディングの資質は不可欠です。

それには、まず「何かをする場」を作る事を推奨しています。

2)組織には形が様々ある

例えばですが、最初は、職能組織、機能別組織という組織体から、経営企画をおくライン&スタッフ、 さらには、事業部制組織、そして、事業部を子会社とみなすカンパニー制組織があります。

これは、全ていい点、悪い点がありますので、そのあたりをしっかり明確にしないといけません。

例えば、上司に負荷がかかる組織体はどれで、どれが意思決定が速くなるか、どれが短期業績向上につながり、 どれは長期的視野に立つことがやりやすいか、です。

そして、さらには、プロジェクト組織、タスクフォースといった組織体もあります。 案件別、プロジェクト期間のみ、という形です。

これらを融合した、マトリックス組織等もあるので、何がどういいのか、悪いのかは把握しておきたいものです。

3)組織のフレームワークを知る

組織は、どういう構造になっているか、という事も大事です。

有名なフレームワークでは、「組織の7S」というものがありますね。

これは一体何か、というと、優れた企業は、この7つのSのバランスにより相乗効果を出しているという話です。

ちなみに、その7つとは、以下になります。

ソフトの4S

①Shared value (共有されている価値観・理念)

②Style(経営スタイル・社風)

③Staff(人材)

④Skill(スキル・能力)

ハードの3S

⑤Strategy(戦略)

⑥Structure(組織構造)

⑦System(システム・制度) です。

ちなみに、ハードの3つは変更しやすいため、変化を起こす必要があります。

まとめ

飛び込み営業

今日は、資質についてご紹介をしましたが、 まとめのまとめを書くと、こうなります。

自分、ヒト、組織、社外のマネジメントが出来ますか?」 という事なのです。

この資質は育む事が出来ますので、少しずつ意識をしていって下さいね。

▼合わせて読む

・イマドキのビジネスマネジャーに求められる3つの知識まとめ・

 

Comments

comments

無料相談随時受付中

事業をしていく中で、「ヒト」という資源は、非常に重要ですね。

でも、会社では多くの問題を抱えるケースがあります。その一例を申し上げると、

  • 「従業員に教育など色々やっているが、教えても成長してくれない」

  • 「2番手部下がいない、育てたいけどどうしたらいいか」

  • 「管理職にもっと幹部意識を持たせたいけどどうしたらいいか」

  • これからの組織作りするけどどうすればいいかわからない」

  • 「組織に問題が多すぎてどうしたらいいかわからない」

  • 「助成金ってどんな制度があるのか」

  • 「当社で活用出来る助成金制度はあるのか」

  • 「助成金がいくら位もらえるのか試算をし人材採用や育成計画を作りたいがノウハウがない」


など、他に沢山あるでしょう。

疑問に思っておられる点がございましたら、お気軽に無料相談を活用下さい。

上記のような問題は、諦めるためにあるわけではありません。

むしろ、「解決するため」に存在していますから、「解決される」ためにあるとも言えます。

ほんの些細なご相談から、一緒に解決を図っていったことも多いです。

私たちは、中小企業のサポーターとして、お客様の課題解決に真剣に向き合っていますので、

お力になれる部分もあると思います。

 
ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

今すぐ無料で相談する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>