書評:私が気になったビジネス本をご紹介

「トヨタ式ホワイトカラーの業務改善 最少人数で最強組織をつくる」を読んでみて

トヨタ式 ムダ削減

「トヨタ式ホワイトカラーの業務改善 最少人数で最強組織をつくる」を読んでみて

営業組織コンサルタント竹内慎也

合理的な生産性、無駄を省くことを最も追及している業界は製造業だと思います。

さらに、その中でも、トヨタ社は突出していると感じています。

カンバン方式、目で見る管理etc ほかの業界でも参考にしたいことが多いです。

今回ご紹介する本

ダウンロード (2)

トヨタ式ホワイトカラーの業務改善 最少人数で最強組織をつくる

石橋 博史 (著)

同書の内容とは

001

同書は、トヨタ式業務改善ということで、ホワイトカラーの仕事に対して、トヨタ式で、「ムリムダムラ」をなくし、誰でもできるような仕組みにしてしまう、という内容です。

例えば、私が今携わるのは、営業組織のコンサルティングですが、昨今流行りのSFAをうまく使えていないかったり、使っていても、単なる報告のみに終わっていたりすることもありますが、これは、ツールが先行しているからであり効果的な手を打つ=ツールを使うことではない。

という事が明確にわかった1冊でした。

 

自社改善をしたい方には、非常にいい1冊です。

仕組み化の第一歩として、かなりお勧めです。

竹内的同書のポイント

131210surprising_success-thumb-640x360-68772

■気付きの環境づくりが成果を生む

■業務改善は習慣化できる
業務のチャート化
仕事の数値化

■人の意識と行動は簡単に変えられる

■モノと同様に人もカイゼンできる

■経営者はビジョンの解決策を示す

■マネジメントサイクルを早く回す

■人材不足なのではない。人材を育てていないだけ

■90%の仕事は誰にでもできる

■業務の可視化で人と仕組みを変える

■業務のプロセスを丸裸にしていく

■業務を誰もが目で見てわかる状態にする

■業務の流れをチャートで表す

■日々の記録で業務の実態をオープンに

■可視化によって役割、分担が明確になる

■思考業務も分解して標準化できる

■業務改善活動を進める際は、素直にやってみる、過去は問わない、対案なき反対は実行を合言葉に

■個人のスキルを伸ばして組織に還元する

■可視化が客観的な人事評価を可能にする

■多能職化で視野が広がり専門性が高まる

■応援しあう仕組みで組織の効率を極限まで高める

■業務効率化で生じた余剰人員を会社の強みに変える

■ダラリの法則を分析する
管理と間接業務に潜むムダを定義する

原点のムダ=停滞、運搬、手待ち、付加価値を生まないムダ
三不のムダ=ヒトモノカネが対象不均衡のムダ
三弱のムダ=弱目的、弱基準、弱可視から生じる。問題が問題になりにくいムダ
三無のムダ=無関心、無対話、無改善。進歩を生まないムダ
三悪のムダ=重複、転記、確認。効率性を阻害するムダ

■情報のキャッチボールを排除

■紙の削減は最も取り組みやすい改善

■目的がわからない作業はやめてみる

■リスク排除と効率化を同時に実現

■情報システムの陳腐化はムダの温床

■コスト削減に大きな効果をもたらす

■可視化すれば飲み会はいらなくなる

■情報システムの実態を知り、改善案をつくる

ダウンロード (2)

 

Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>