営業職

トップ営業マンが”手法”とかではなく、”しっかり”行っている〇〇とは

WSAブログ

おはようございます。

営業コンサルタントの竹内です。


先日、私は

・法人向け通信営業のトップ営業の方

・保険のMDRTを獲得した営業の方

と飲んでいました。

 

その時、私は二人にこういう質問をしました。

 

「どうやってそのポジションが取れましたか?一番気をつけていることは?」

E1396245710135_1

 

すると…

紹介やテレアポなど手法はたくさんあった。

手法では特に共通点は見いだせなかった

 

あえていえば、紹介が二人とも多いことですが、私がみたのはそのポイントではなかったのです。

なぜかといえば、紹介は、ある程度自分でも得られますが、顧客数が増えたら、自動発生するからです。

 

では、二人に共通していることとは?

それは・・・

 

 

 

 

■「次のアポをしっかり入れているだけ」

130824Handshakes3

 

これが最大のポイントでした。

つまり、1回目にあったときに、次のアポイントが入っている。

そしてさらに次のアポになる、といった具合です。

契約までと、数回のフォローまでのアポを入れていたから

勝てたんだ、という事なんですね。

 

 

まとめ

 

次のアポは、「目の前で」「入れて帰れ」

大きい目標は、小さく砕くこと。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>