マーケティング

デザイン思考が今後ますます必要に

デザイン思考が今後ますます必要になる理由とは。

デザイン思考が今後ますます必要に

なる理由とは。

 

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社 前原です。

今回はデザイン思考についてご紹介したいと思います。

 

デザイン思考とは

デザイン思考のデザインは、芸術ではなく、問題をアイディアや表現で解決する考え方です。

問題の発見から解決までのステップを体系化したものですが、イノベーションを生む手法として注目されています。

 

 

必要性

近年注目されている理由の一つとして、変化が早く、予測が難しい時代背景があります。

少子高齢化、人口減少、人手不足、グローバル化、技術の進歩、働き方の多様化、生産性など、組織をとりまく外部環境は目まぐるしく変化しています。

経営への影響も大きいため、今までの常識であった知識や方法、価値観が当てはまらない状況を増え、課題がどんどん複雑化しています。

そのため、これまでの常識を変えるイノベーションで、新たな市場や顧客を作り、新たなサービスや商品を提供する必要性が高まっています。

 

5つのステップ

デザイン思考は次の5つのステップで構成されます。

  1. 共感:問題が何かを理解する
  2. 問題定義:解決すべき問題を明らかにする
  3. 創造:解決策を生み出す
  4. 試作:完璧さを捨て、プロトタイプを作る
  5. テスト:フィードバックを得る

 

  1. 共感:問題が何かを理解する

このプロセスでは、人々がなぜ・どのように行動するのか、ニーズは何なのかを、探ります。

体験や観察、インタビューなどを通して人々が本当に求めている事を見つけ出します。

 

  1. 問題定義:解決すべき問題を明らかにする

「共感」で得られた情報から、ユーザーの潜在的な課題やニーズを抽出します。

問題の発生している状況を整理し、問題の発生にはどのような要因があるのか、分析します。

その際、問題の本質を見つけるたけ、意見や要望を疑ってみ流など、思い込みを排除していきます。

その上で、目指すべき方向性・コンセプトを確立していきます。

 

  1. 創造:解決策を生み出す

「問題定義」で設定された方向性を実現するために、アイディアを出します。

アイディア出しでは「質」よりも「量」を意識してブレインストーミングを行い、思いついた事をスケッチか、文字化しながらアウトプットします。

この時、否定したり、決め付けたり、常識にとらわれるなど、細かな点を気にしないことが重要です。

 

  1. 試作:完璧さを捨て、プロトタイプを作る

「創造」で出たアイディアをいくつか試作段階へ進めます。

製品の場合は、低価格で早く作成できるプロトタイプを繰り返し作成し、経費や時間を節約します。

サービスやシステムの場合は、シミュレーションし、実際にやって見ます。

 

  1. テスト:フィードバックを得る

「試作」段階で作成したものについて、テストを行います。

実際のユーザーの意見を聞く事で、「問題定義」で設定された課題を解決しているか、検証します。

 

 

 

終わりに

デザイン思考は、ニーズや問題に対して、5つのステップで問題解決に繋げる思考法です。

従来の思考パターンや思い込みから脱却することで、従来との差別化や大きな成果に結びつけることができます。

複雑な環境変化に対応していく上で、業種・職種問わず、ますます必要性が高まっていくのではないでしょうか。

 

 

参考)

https://www.businessinsider.jp/post-164499

https://bizhint.jp/keyword/13313

http://www.chubu.meti.go.jp/c52design/160331/kaisetsusho.pdf

 

 

 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>