経営者

テレワークで私が体験した家族内の問題と解決するための2つのポイントとは!?

皆様、こんにちは!

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社の河島です。

今世界中で猛威を振るっているコロナウィルス、各国でコロナ対策が行われ
日本でも戦後初めての緊事態宣言が発令されました。

その中で出来るだけ接触機会を減らし、自宅勤務(テレワーク)に取り組んでいる企業様多くあるかと思います。

弊社もテレワークに取り組んでおりますが、今回ご紹介をする内容は、私がテレワークで体験し諸問題とそれに向けての解決策をご紹介したいと思います。

テレワークで起きた2つの問題

家族との関係悪化

 こちらは私自身で実際に起きた諸問題体験した内容を共有させて頂きます。

この諸問題をお伝えする前に、私自身のことを少し紹介させて頂きます。

私は36歳男性で同年代の妻と今年4歳になります、子供が一人いております。妻と私は共働きであり、子供は保育園で普段は預けております。私は企業に勤めるサラリーマンで妻は病院に勤める医療従事者であります。

今回のテレワークで家庭内に問題が発生しました。

自宅にいるのであれば少し家事の手伝いをしてほしいという家内の要望と

自宅にいても勤務になるので家事をする事自体は勤務外の事になるので、できないという私の要望意見の食い違いにより起きた事で発生いたしました。

家族との関係改善をする為の2つのアクション

  • 家族で時間の共有

まず一日にタイムテーブルを家族で共有いたしました。

家族それぞれ、その日の予定を共有する事で、どんな行動をしているのかが分かり、家事、仕事を邪魔をしてはいけない配慮が家族内で生まれました。

  • 家族内でポジティブアクション

全国自粛ムードで家族内でも見えないフラストレーションが溜まっておりました。

そこで楽しい時間を共有する必要があったので、晩御飯をできるだけ家族全員で作れるような料理にして楽しむ時間を増やしております。

例えばたこやき、パンケーキ、ハンバーグ、餃子など、

妻の負担も減り、かつ子供も楽しめるのでおすすめです。

まとめ

テレワークには、通勤時間からの解放や家族との時間が増えるなどの良い面もたくさんあります。

ただ、今回は、コロナウイルス感染拡大防止という必要に迫られての事態。

プライベート空間に仕事を持ち込む以上、身近な家族の戸惑いや不満を解消できるようにしっかりとコミュニケーションをとりたいですね。

今回はここまで次回もよろしくお願いいたします。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください