管理職

チームビルディングを駆使して、強力なチーム作りをしよう!!

チームビルディングを駆使して、

チームビルディングを駆使して、強力なチーム作りをしよう!!

 

みなさんこんにちは!!

ウィル・スキル・アソシエイトの武内です

 

今回は、メンバー個々の能力を引き出し、強いチームを作る

「チームビルディング」についてご紹介したいと思います。

 

 

チームを機能させるためのポイント

チームは、人が集まって成立しますが、単に人が集まっただけであれば、それは集団に

すぎません。リーダーが、人の集まりである集団をマネジメントすべきチームとして機能させるには、いくつか注意しなければならないことがあります。

 

1,チームの目標を明確にする

リーダーは、チームの目標を明確にしなければなりません。

異なる能力を持つメンバーが目標の達成に向けて協働することによって、プラスの効果をもたらすことが期待されます。

そして、チームの目標を達成するために必要なメンバーが果たすべき役割を明確化

します。

いつでもチーム全体の仕事を理解でき、自分の仕事がチームの目標といかなる関係にあるかを容易に理解できるように設計することが重要です。

 

2,チームの効率性を高める

チームの中で実際に業務を担当するメンバーが、業務を進める上で必要となる手続きは少ないほど効率的です。

チームを動かすこと自体に費やされる力を持つメンバーが、事務的なことに多くの時間と手間をとられることのないように留意する必要があります。

 

 

 

 

3,チームの意思決定プロセスを強化する

チームを運営する上では、チームとしての意思決定が不可欠です。チームとして解決

すべき課題に対処するために、最も適切なメンバーが意思決定をおこない、結果を必要とするメンバー間で共有しなければなりません。

また、チームとしての意思決定をする前提として、会議を開催しメンバーで討論をすることがあります。その際、個々のメンバーが討論前にもっていた判断や感情、行動傾向は

チームにおける議論を経ることによって、より危険性の高い方向に傾いていったり、逆に用心深い方向に傾斜していくことがあります。

このような現象は、心理学において「集団極性化」と呼ばれています。そして、集団極性化として、より危険性の高い積極的な方向に傾斜することをコーシャス・シフトといいます。マネジャーは、チームにおける意思決定の強化を検討するにあたってはこのような傾向に留意する必要があります。

 

 

 

以上のポイントを意識しながらマネジメントしてみると良いかもしれません。より強いチーム作りができると思われます。

いかがだったでしょうか?参考にしていただけると幸いです。

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>