経営者

ストレスゼロの生き方~心が軽くなる100の習慣~

こんにちは。

今回、Testosteronさんの「ストレスゼロの生き方」の書評を、お届けいたします。

ストレスゼロの生き方 ~心が軽くなる100の習慣~

私が、読む前にこの本で学びたいなと思ったのは、

社長としていくつものプロジェクトを動かしながら、88万人超のフォロワーに向けて毎日のように情報を発信し、書籍も執筆しているTestosteronさんは、なぜ「ストレスゼロ」で毎日を過ごせるのか?という点です。

私自身、元々Testosteronさんの筋トレ関係の書籍のファンで、そちら方面から、ビシバシと刺激、影響を受けていたのですが、今回の「ストレスゼロの生き方」に関しては、「筋トレ」というワードは、少しだけ出るのみで、後は、このストレスフルな世界を、どう生きるか?という話です。

全部で100個の考え方を、提示してくれてます。

今回の書評では、特に印象に残った3点を、ご紹介いたします。

心が軽くなる習慣

悲観するのを、やめる

「悪いことは一気に起こるもんだ。全員まとめてぶっ潰してやるからかかってこい」という心構えでいれば、少なくとも精神がやられることはない。悪いことは連鎖すると最初から覚悟しておけば、衝撃に耐えらるのだ。


「ストレスゼロの生き方」より抜粋

そうなんですよね。やはり、苦境に立たされた時、こちらの心構えで、負けてしまうか、へこたれないのかが決まるんですよね。

これは肝に銘じようと思いました。

高い意識を貫く

意識を高く持て。それに伴う行動をせよ。
意識と行動が揃ったとき、あなたの理想は実現するだろう。


「ストレスゼロの生き方」より抜粋

Testosteronさんも書かれてるんですが、意識を高く持つことは良いことなんですよね。

だから「意識高い系」などと言われて、揶揄される局面があったとしても、気にするなと。

ただ、意識だけ高いと、それは、無意味で、行動が必要なので、私も、これは、セットで捉えなくては、と思わされました。

努力を貫く

努力している意識すら薄れ、努力が生活習慣の一部となったとき、あなたは努力に対するストレスを感じることなく、だれもが羨む成功を手にすることになるだろう。
愚直に続けろ。成果は必ずあとからついてくる


「ストレスゼロの生き方」より抜粋

Testosteronさんが言うには、人並外れた成果を出してる人は、決まって

「なにも、特別なことはしてませんよ。」と言う、と。

これは、努力が生活習慣の域まで達しているので、本人はそれを「努力」と思ってないんですね。

だから、こういう発言が多いらしいです。

やはり、何かを究めようと思うと、「続ける」というのが一番良いようです。

以上、今回はTestosteronさんの「ストレスゼロの生き方 ~心が軽くなる100の習慣~」の書評を、お届けいたしました。ストレスフルな生活の中でもうまく生きていく方法が書かれていました。

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください