経営者

ストックビジネスの教科書 プロフェッショナルを読んで

前回紹介をした、サブスクを効果的にするリカーリングモデル や、 「【書評】サブスクリプション」  でもご紹介をした昨今流行のいわば定額モデル。実は数年前に名著が出ていまして、このブログで紹介するのをすっかり失念しておりました。

ここでいうストックビジネスというのは、ほぼ同義語でありまして、もともとはストックビジネスという言い方の方が日本では一般的でした。

改めてこの考え方・モデルについて触れたい方には必見です。

ストックビジネスの教科書 プロフェッショナル

【竹内の評価】 ★★★★★ 5

【講評】

実は我々が仕事をしていて、目の前に額の大きな「フロー収入」があると、どうしても見た目の額の少なく見える「ストック収入」をなおざりにしてしまいます。が長期的視点に立ったときに、フローよりストックの方が大きいという事が多い。

また、これだけ定期購読や、シェアリング等のビジネスモデルが普及してくると企業側としても対応せざるを得ないが、失敗する例も非常に多いと思います。

そういった中で、同書でも書いているように、「将来自分の事業を立ち上げたい人」 「新しい事業の芽を持っている人」 「すでに自分の事業を持っている人」に対してはとても有益だと思います。

ストックビジネスを生み出しやすいヒントとしては、「 収益性と継続性高ければ高いほどストック性が高くなる。 属人性が低ければ低いほどストック性が高くなる 。」となるため、一考の余地が大いにあると考えられるが、同書ではこのようにストックビジネスを紹介されています。

◆借りたものに付加価値をつけて、他に貸し出す。これを「サブリース」と言います。そして、私の会社が運営する貸し会議室事業「アットビジネスセンター」は、簡単にいえば、この「サブリース」によって、成り立っている事業です

◆安定している会社は、設備メンテナンス会社、セキュリティー関連の会社、賃貸不動産会社、塾経営の会社など、ほぼすべて「ストックビジネス」

◆今あなたの事業、あるいはあなたが今から始めようとしている事業が長期間存続するかどうかは、そこにストックビジネスの要素がどれだけあるかなのです

また、この問いは大きな刺激を受けました。ビジネスモデル構築の1つのカギとなりえます。

「あなたは私の事業をいくらで買ってくれますか?」
ぜひこの質問を誰かにしてください。その答えを聞いて「やはりそうか」とため息をつくのか、はたまた「本当ですか」と小躍りするか、一体どちらでしょう。
これは、ぜひ実際にやってもらいたい、いわばストックビジネスを理解する最も大事なワークです。

【同書のチェックポイント】


◆ストックビジネスの定義
・継続的にお金が入る
・売ることができる

◆ストック性の高低を左右する3つの要素
1.収益性 2.継続性 3.属人性

◆ストックビジネスを見分けるポイント
・初回無料
・機器の価格が安い
・営業マンが提示する特典が大きい

◆ストックビジネスの4つの分野とビジネスモデル
 1.貸す→インフラ提供、賃貸契約、レンタル、リース、ASP
 2.認める→フランチャイズ、協会認定
 3.改善する→学習・成長・治癒・改善→コンサルティング、スポーツクラブ、教室
 4.消費、劣化→消耗品購入、定期清掃、定期メンテナンス

◆マズローの下層の事業はストックビジネスになりやすい

◆収益ユニットの3つの要因
 収益×増加数×継続率

 ▼合わせて読む

「マーケティングとは「組織革命」である。」

「ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法」

 「【書評】サブスクリプション」

サブスクを効果的にするリカーリングモデル 

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください