書評:代表竹内

サブスクリプションのコツを簡単に理解出来る良書

サブスクリプションモデルについて、本当に沢山の本が出版されるようになったと思ったが、半分は結構アカデミック要素も少しニュアンスとしてある本が多い。

そうなると、実際本を読もうと思っても、ハードルが高く感じる方も言って一定おられると思う。そんな時に読みやすい本はないだろうか?と探したくなります。

そのようなサブスクリプション知識があまりなかったり、読書習慣のない方でも比較的トライしやすいのがこちら。

またサブスクリプションの「要するに何?」を知りたい方にも必見です。


サブスクリプション実践ガイド――安定収益を生み出すビジネスモデルのつくり方

【竹内の評価】 ★★★★★ 5

【講評】

サブスクリプションを生み出しやすいビジネスモデルとそうでないものがある。

同書では、生み出しやすいモデルに対して、どのようにすればそのビジネスモデルで具体的に収益を得つつ、ユーザーに喜んでもらえるのか?の現場実践という事で、5社の例も出している。

それ以外に、この本を出された会社自体が最大の実践例となっており、システムエンジニアだった著者がどのようにフリーランスから一部上場企業にまでなることが出来たのか?それがサブスクリプションの要因が大きいわけだが、可能性を感じる事が出来る1冊と言えます。

また 食品通販からIT企業まで1000社以上のサブスクリプション化を支援してきた著者 の実績からいえる秘訣がありました。

成功の鉄則は、「お得・悩み解決・便利」ONB(おんぶ)にあると言うが、これくらい絞り込むとわかりやすい。

何しろ読みやすいのが同書のお勧めポイントです。

【同書のチェックポイント】

◆消費体験そのものもにストーリを求めている

◆ストック型ビジネスでは基本的に、顧客数・顧客単価・継続期間(解約率)というわずか3つの要素の掛け算

◆顧客・企業・社員・投資家にとって「WIN-WINWIN-WIN」

◆ サブスクリプションの4つのモデル
(1)定期購入モデル
(2)頒布会モデル
(3)会員制モデル
(4)レコメンドモデル

◆サブスクリプション顧客向けに整備するものとして、決済システム、予約システム、会員証発行、ポイントシステムなど、さまざまなものが考えられます。


 ▼合わせて読む

 「【書評】サブスクリプション」

サブスクを効果的にするリカーリングモデル 

ストックビジネスの教科書



Comments

comments

執筆元・問合せ先について

執筆元・問合せ先



  • 「書籍の執筆について相談したい」

  • 「ブログ記事への記事掲載について相談したい」

  • 「雑誌への連載について相談したい」

  • 「本の書評の掲載についてお願いをしたい」


など、そういった場合は下記までご連絡をお願い致します。

誠意を持ってご対応をさせて頂きます。また、ご献本頂いた本は全て丁寧に読ませて頂いています。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14 三興ビル6F

代表:竹内慎也

お問い合わせはこちら

電話:06-6253-8250 Fax: 06-6253-8251

HP:http://www.w-s-a.jp

無料で人事評価制度を創る ⇒ http://www.w-s-a.jp/kigyounai/

無料で人材育成をする ⇒ http://www.wsa-s.jp/

定額制研修・セミナーなら大阪のWSAスクール! ⇒ http://www.wsa-s.com/

営業力強化実践会 ⇒  http://www.facebook.com/wsaeigyou

今すぐ問い合わせる

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください