経営者

アサーション~DESC法を有効活用しよう~

皆様、こんにちは!
ウィル・スキル・アソシエイト株式会社の叶です。

今回は「アサーション~DESC法を有効活用しよう~」についての内容をお送りいたします。

まずは前回のブログでもお伝えをさせて頂きました、アサ―ションの歴史やどのように活用できるか等を踏まえまして、新たな手法であるDESC法に迫っていきたいと思います

アサーションの歴史

 起源は1949年に出版されたSalterの「条件反射療法」であり、その後アサーションに関する本がアメリカで初めて発売。日本では1980年代になってから第一人者の平木典子先生が中心となり広める。

アサーションの「4つの柱」

誠実・・自身に正直になり、相手にも誠実になれる    

率直・・遠回しではなくストレートに、相手に伝わる言葉にする   

対等・・上から目線でも卑屈でもなく、態度も心の中も対等に向き合う    

自己責任・・言った責任、言わなかった責任は、自分が引き受ける

どのような場面で活用できるか

教育現場‥「いじめ」問題の解決 等 

企業研修‥「パワハラ、セクハラ、職場鬱、高圧的な上司の態度の抑制」   

プライベート‥「友人、親子、夫婦、恋人、近所付き合い」

DESC法とは

DESC法とは、相手の感情や勢いに流されることなく、自分の主張や感情を相手に上手く伝える技術の事です。

話を4段階に分けて伝えることで、言いたいことを整理することができ、相手にも伝わりやすくなります。DESC法の最大のメリットは、相手に納得感をもってもらいながら、自分の主張を伝えられるため、相手との信頼関係を築きやすいという点にあります。   

「私は~したい」といった自己主張をするだけでは解決に結びつかないこともあるだけでなく、状況が悪化してしまう可能性もある為、DESC法を用いて現実的な譲歩案や妥協案を示すことで、相手に再検討の余地を与えることができ、合理的な解決へと繋げることができます。

D…describe  描写        

事実や状況を整理して説明する

E…express/explain 表現・説明

自分の考えや気持ちを伝える

S…suggest/specify 提案    

解決策を具体的に提案する

C…consequence 結論 

状況がどのように変化するかメリットを話す

〈例題〉

  例えば、待ち合わせに連絡がなく相手が遅刻してきて、謝罪等がないシチュエーションがあったとします。こういうとき、イライラして強く言ってしまえば相手が不快になりますし、かといって何も言わなければ自分の中にモヤモヤがたまってストレスになってしまいます。

こうしたときに、DESC法を使って自己主張をするとどうなるでしょうか?

(解答例)

 D=Describe(描写する)  

→「今日遅れてきたよね」

 EExpress(表現する)  

→「遅れてきて連絡もないといつまで待てばいいか分からないし、私は心配になるよ」

 SSpecify(提案する)  

→「やっぱり時間通りに来てほしいし、無理そうだったら連絡がほしいな」

 CConsequences (結果を伝える)  

→「時間通りに来てくれれば心配しなくてすむし、遅れるときには連絡をくれると、こっちも安心するよ」

まとめ

 DESC法は、お互いが納得した形で解決することを目的としたものであり、決して自分の主張を押し通すことが目的ではありません。

 DESC法を用いる場合は、自分が歩み寄る姿勢をもって、お互いが妥協できる点を探すことが大切です。

参考文献

自分の気持ちをきちんと伝える技術 人間関係がラクになる自己カウンセリング
平木典子 著
出版社:PHP研究所

マンガでやさしくわかるアサーション
平木典子 著
出版社:日本能率マネジメントセンター

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください