人材育成

まだまだ遅くない! リカレント教育とは?

まだまだ遅くない!リカレント教育とは?

まだまだ遅くない!

リカレント教育とは?

皆さんこんにちは!ウィル・スキル・アソシエイトの人事コンサルタント、土居雅弘です。社会人の学び直し、リカレント教育についてご紹介したいと思います。

 

勉強は若い世代だけ?

 

「学校で勉強するのは20歳前後まで」

 

そう思っている事業主の方は多いのではないでしょうか?日本では、中学、高校、大学と学ぶのは若いうちだけ、というのが世間の常識となっているようです。就職してからは定年までずっと仕事…それが当たり前になっています。

 

しかし、海外では違います。働き始めて10年以上経った30代で、学び直すために学校(ここでは主に大学を指す)に入学するのは当たり前の光景となっています。

 

今まで実務で学んできたことを体系化するために大学院に入学する、新しいスキルを身に付けるためにIT系の専門学校に入学する、若手経営者がMBAコースに入学するなど、その進路は多岐にわたっています。

 

もはや、グローバル社会では生涯学習は当たり前となっているのです。

 

日本では?

 

しかし、日本ではこれらのリカレント教育を受けることは本人のキャリアにとってプラスにならないことの方が多いのです。例えば、30代の若手社員がMBA課程を修めたとしても、それを評価し相応のポストに就ける企業は少ないでしょう。

 

もし離職した場合、再就職することは非常に困難です。自身のキャリアを中断してまで学び直すことのメリットを感じられないビジネスパーソンが多いのです。

 

事実、日本の会社員でリカレント教育を受ける割合は2%と、世界水準で見た場合、極めて低い水準となっています。日本に留学した外国人は、大学のキャンパスに20歳前後の若者しかいないことに大きな衝撃を受けるといいます。

 

その原因は何でしょう?確かなのは、新卒で一括採用した後、定年までキャリアを中断せずに働き続けるという、日本の長期雇用慣行が大きく影響しているということです。今回は、この部分についての説明は割愛させて頂きますが、ビジネスの環境が刻々と変化し、技術革新のスピードもめまぐるしい現代社会において、これは決して楽観視できることではありません。

 

世界レベルで新技術に追いついていくためにも、学び続ける人材を大切にし、そのキャリア形成を助けるという環境をつくっていくことはとても大事です。

 

 

最後に

 

如何でしょう?経営者様の会社にも学ぶことに意欲的な人材がいるのではないでしょうか?会社派遣で学校に通わる、というのは負担が大きいかもしれないですが、ちょっとしたセミナーや研修に参加させたりしてみては?

 

何か新しいスキルを得たり、そうとまではいかなくとも、何か気づきを得た社員は、以前に増して活躍してくれるものと思います。

 

それでは皆さん、また次回、お会いしましょう?

Comments

comments

WSA代表竹内慎也の著書一覧

代表竹内慎也の書籍一覧です。

【一般書籍】
評価される人のすごい習慣

2017年11月30日発売

約2万人を育てた人材育成のプロが教える、

“評価される人"になる最強スキル!!

■PDCAよりも強力な「MAPS」
・著者が現場で実際に使っている万能ツール。
・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。
・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。
・“評価される人"に必要な特性、習慣が身につく。
・個人はもちろん、チームの力も上がる。

――仕事で成果を出そうとして「一生懸命やっているのに結果が出ない」。
――言われたことはしっかりとこなし「がんばっているのに、認められない」。

そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます!
【 著書紹介 】非エリートの思考法



2012年6月発売

2流大学出身、ニートの経験など、エリートと言われる人たちとは違う経歴を持つビジネスマンは多い。しかし、そんな非エリートたちの中には、エリートよりも早く出世していったり、商売感覚にすぐれていたり、稼げるビジネスマンになる人だっている。 どんな考えで、どんな努力で、どんな姿勢で、仕事をやっていけば一流と言われるようになるのかを説いた本。

【電子書籍】

仕事の本質


20代から30代にかけて仕事で経験することを、物語で紹介。このストーリーは、大学時代に遊び呆け、就職活動に失敗し、落ちこぼれ営業マンから、懸命な努力をし、トップ営業マンになり、その後、会社で最優秀マネジャーを獲得し 、最年少役員として名が挙がることになった、30代男性をモチーフとした物語です。
自然と営業マンとして必要なマインド、スキル、そしてマネジメントを行う上での原理原則から、今後10年間で必ず問われる、部下との接し方のポイントを学べるようにしたストーリー仕立ての書。



【その他】雑誌・ブログ等に記事多数寄稿。


執筆に関するお問合せ

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>