労働関係法令

これで、トラブル回避!雇用契約書

これで、トラブル回避!

雇用契約書

 

こんにちは。

ウィル・スキル・アソシエイト株式会社のコンサルタント森田です。

今回も、みなさんのマネジメントのお役に立つ知識を、ご紹介させて頂きます。

 

みなさんは、「雇用契約書」というものについて、について、ご存知ですか?

あるいは「労働条件通知書」は、いかがでしょうか?

 

今回は、非常に大事な、この2つに関する、お話です。

 

雇用契約書とは?

あなたが、もしアルバイトを雇うときには、そのアルバイトと「雇用契約」を交わすことになります。

その内容を書面に現した契約書類を「雇用契約書」と言います。

 

労働条件通知書とは?

また、このアルバイトと取り交わす労働条件などの書面には、もう一つ「労働条件通知書」があります。

この2つの違いは、あなたとアルバイト、両者の合意があるものが「雇用契約書」。

両者の合意がなく、雇用主側の一方的な通知となるものが「労働条件通知書」です。

 

この2つの決定的な違いは、「労働条件通知書」は、法的に必要となっていることです。

 

そして、以下の5つの項目は、必ず明示する必要があります。

 

必ず明示する必要がある項目

  • 労働契約の期間
  • 就業の場所・従事する業務
  • 始業・就業の時刻、所定外労働時間を越える労働の有無、休憩時間、休日および労働者を2組以上に分けて就業させる場合における就業時転換に関する事項
  • 賃金の決定、計算・支払いの方法および賃金の締め切り・支払いの時期
  • 退職に関する事項(解雇の事由を含む)

 

書面の必要性

特に、契約期間や始業・就業の時刻、所定外労働時間を越える労働の有無、休憩時間、賃金に関することはトラブルになることが多い事項ですので、しっかりと、書面にしておく必要が、あるかと思われます。

 

アルバイトを雇う上で、雇用契約書は法的には必要ありませんが、労働条件通知書とは違い、双方が条件に納得した上で署名捺印することになるため、トラブルを避けるためもにも、その必要性は非常に高いものです。

 

 

では、今回は、この辺りまでです。

次回も、みなさんのマネジメントのお役に立つ知識を、ご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

Comments

comments

「マンガでわかるコンピタス」小冊子期間限定配布

組織不全を脱したい方へ


労働力不足が叫ばれる一方で、組織の事で悩まれる経営者・管理職の方が、増加する一方です。
「組織が機能しない…」

「社員の能力のばらつきが大きすぎる…」

「やったらできる!と言っても変わらない…」

このような悩みや課題が大きいとよく聞きます。

 

なんで組織の問題が起こるのか?


組織面の問題が起こるのは次の3つの要因から来ています。

1採用面の間違い


2育成面の充実が出来てない

3評価面の運用が弱い


 

このような組織的経営課題を解消するサービスが「コンピタス」というサービスとなります。

 

小冊子を期間限定100部無料発送致します。


 「よくある組織の問題を見てみたい」

「解決策を探している」

という方向けに今回マンガ小冊子を期間限定で100部無料発送させて頂きます。

お問合せフォームより「小冊子希望」と明記してお送り下さい。

 

是非御社の経営課題の解決のためにも小冊子をお読み頂き、少しでも解決に近づいて頂ければと思います。

 ※小冊子にはお得なプレゼント情報も掲載されています。裏面までしっかりお読み頂きご活用下さい。

小冊子を限定購読する

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください