人材育成

これからはなんの営業が伸びるか?

ストレス

今の時代、AIやロボットの新化がずいぶん起こりつつあります。

AI分野では、ディープラーニング等もあり、どんどん革新が起こってきています。

もっと身近な所でいえば、我々の業務が、ほぼクラウド化されつつあります。

ERPパッケージと言われる経営に必要な管理が出来るツールもかなり低価格、高機能化しつつあるなぁと思います。

一部では、販売員がいない、等、販売自体なくなる?なんていう話もありますが、

じゃあ逆にこれからはどういう営業が伸びていくのだろうか?

こういう事について考えたいと思っています。

社会

少なくとも言えるのは、これです。

営業や販売員が不要となりそうな可能性が高いものを列挙してみます。

 

  • 「店舗は無人化するところが確実に増える。」
  • 「BtoC(個人向け)営業は減り、個人は一部、主流は法人向けになる可能性が高い。」
  • 「低単価のものは営業が不要となる可能性が高い。」
  • 「自分で比較しやすいものは営業が不要となる可能性が高い。」
  • 「初期の導入以外の継続部分は営業以外でも担当出来る可能性が高い。」

 

という事が少なくとも言えるなと思います。

 

今後の営業って????

では、逆にこれからの営業はどうなっていくのでしょうか?

未来予測に意味はないと思いますが、ちょっとだけ先を想像してみます。

これから伸びていく分野といいますか、伸ばさないといけない要素として捉えて頂けるとありがたいです。

 

1:より複雑なコンサルティングを行う必要性が高まるため、より高度なスキル。

例えば、あなたがシステム導入のソリューション営業をしているとします。

今は、ある一部の問題解決のために提案をしているかも知れませんが、これからは、「経営を包括的にみる力」等も問われるでしょう。

これはどういう意味か?というと、「経営者思考を持て」という単純な話ではありません。

経営を理解しておくこと」自体が多少求められます。

例えば、財務に特化する、人事に特化した知識、というわけではないのです。

横断的に理解をしている人が求められます。

そして、専門的な深さも同居する必要が確実に出てくるでしょう。

 「深く広い」視点を持てる営業は成功すると思います。

私ならそういう営業となら一緒に仕事がしたいです。

 

2:より人脈リソースを活用出来る人が重宝されるため、人脈形成力。

あなたにとって価値のある1つは、築いた人脈でしょう。その人脈に、また、人が集まってくるのです。

あなたの持つ豊富なリソースをどれだけ築けるか?

これが今後の営業では確実に求められるでしょう。

人脈と言われて、あなたが焦りを覚えて頂けたなら、私は書いてよかったと思います。

その気付きから、良い人脈、豊富な人脈は生まれてきますから。

 

3:感情理解する(思いがわかってくれる)営業が重宝されるため、感情把握力

論理的思考は、ロボットやAIには勝てなくなる可能性が高いと言われています。

だったら他で勝負出来ればいいのです。

それは「直観」であったり「感性」であったり、「感情把握力」と言ってもいいと思います。

そういう感覚を高めるためには、さまざまな情報、モノ、その他全てに触れていくことです。

また、人間関係の様々な問題に対応したり、配慮を示せること、それが求められるでしょう。

 

終わりに

これから求められる営業は以下の3つでしょう。

1:より複雑なコンサルティングを行う必要性が高まる。

2:より人脈リソースを活用出来る人が重宝される。

3:感情把握力の高い営業が重宝される。

ここに私はもう1個追加します。

4:経営視点、管理視点を持つ中核人材を目指す人が重宝される。

 

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>