書評:私が気になったビジネス本をご紹介

「男はお金が9割」を読んでみて

WSAブログ

「男はお金が9割」を読んでみて

営業組織コンサルタント 竹内慎也

こういう議論があります。

「やっぱりお金は大事だ」「お金なんて必要ない」

さて、どっちが本当なのでしょうか?

ビジネスに特化して考えると、絶対にお金がないとダメです。

こうなると、個人でも、お金はある程度重要であると思います。

なので、お金は大事だと言いたいけど、なぜかお金を嫌うヒトが多いのが日本の不思議です。

ですが…

本日ご紹介する本

ダウンロード (29)

男はお金が9割

里中 李生 (著)

http://goo.gl/RZsGEv

同書の評価と感想

キャリア・アンカー

私の5段階評価 ★★★★☆ 4

男はお金が9割、という刺激的なタイトルです。

でもその根底にあるのは、基本的には男性が余裕を持たなければいけない、そのためにお金は絶対に欠かせない、という事です。

これには私も賛成します。

ある程度の余裕が出来る事がさらに余裕を生みというのはありうる事だからです。

なので、お金を嫌うのではなく、お金を求め、なぜ必要かを理解していく事を本書では説いているのだと思います。

竹内的本書のポイント

終わりに

■お金を持つと男は劇的に変わる

■真のお金持ちは自分に必要な年収を知っている

■お金持ちは計画的にお金を使い貧乏人はむやみにお金を使う

■お金持ちは考える時間を作り貧乏人は考えることから逃げ出す

■お金持ちは自ら動きニセのお金持ちはお金で解決しようとする

■洞察力を養う

■人と正反対の行動を取る

■必死に働かない

■株の配当金と優待でお金を増やす

■助けたいと思う恋人を持つ

■女は気持ちを行動で示す男に恋をする

■貧乏な人たちの致命的な弱点は考えないこと

■人間の本当のストレスとは何もしないこと

■成功者に大衆の思考を屈指した人はどこにもいない

■貧乏人ほど成功している男を叩く

ダウンロード (29)

▼合わせて読む

書評:「バカになれる男」の魅力 を読みました。

書評:「なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?」を読みました。

「嫌われる男こそ一流」を読んでみて。

 

 

Comments

comments

営業チームを活性化させ業績を上げ続ける12日間メール講座

12日間毎日常勝チームが持っている、組織作りのエッセンスを無料で公開しています。


もしあなたが、下記のような事をお考えであれば、お読み頂いて実践出来る内容を多数ご紹介出来ると思います。

  • 社員に発破をかけても成果が出てこない

  • マネジメントに限界を感じている

  • 自社の管理職が育っていない

  • 次の後継者や次の管理職(課長、マネジャーなど)が育っていない

  • マネジメントがうまくいっていない

  • 働く人材が以前と大幅に変わっており接し方がわからない

  • 継続的に成果をあげる組織を作りたい


また、今の組織の状態を把握しておきたい、実践レベルを確認したい方にとっても役立つ内容を無料で提供しています。WSAが実際に営業チーム、営業組織をコンサルティングする際に行っているメソッドや、事例をご紹介しています。

<配信内容>

  1. 第1回 売れない営業チームの習慣とは?

  2. 第2回 売れる営業チームはどんな状態か?

  3. 第3回 営業のミーティングはどうなっていますか?

  4. 第4回 営業組織が疲弊している状態とは?

  5. 第5回 マネジメントとリーダーシップの考え方

  6. 第6回 なぜ部下が主役になればいいのか?

  7. 第7回 営業を主役にする会社、しない会社?

  8. 第8回 コンサルティング先で起こった実際の出来事

  9. 第9回 コンサルティング先でうまくいかなかった事例

  10. 第10回 売れる営業組織になっていくためには、具体的に何をやっていけばいいのか?

  11. 第11回 チームマネジメントを伝承する


お申し込みは下記ボタンから ※受講は無料です。

無料で講座を受講する

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>